おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

アニメ「十二大戦」第10話が、今年最高の純愛だった話。

       

 

 

f:id:nekosippona:20171214211045j:image

   いま大急ぎで描いてみました! 寅ちゃんかわいい~~~

 

 

 

あ~、いそがしい忙しい師走~~ウソです。こんばんみ!

突然ですが、アニメの『十二大戦』て見たことありますか!?

 

おもいっきしネタバレなので、全然見てなくて

これから見るよう~~~って人は閲覧禁止でお願いします。笑

 

 

たまたまyoutubeで、第1話見たとき、

『なにこれぇ・・・』

と思ってハマったんですけど、

今どきアニメでは結構普通なんでしょうけど、

すごいショッキングな場面が多く、

(だって1話目から主人公か?と思った女の子が死ぬ・・・)

突っ込もうとするとツッコミどころ満載で、

(まあなんだその空飛んだりツノ生えてたりね?)

必ず戦う前に名乗りを上げる御作法のある(←かっこいい)、

強烈におもしろくて引っ張られる不思議なアニメ。

 

絵や動き、コンテのテンポや音楽とかが

すごくいいのも当然

魅力のひとつだと思うんですけど、

 

それぞれの人間ドラマと見た目を裏切る展開、

そして全員がほぼ相手に恨みもないのに

最後のひとりまで殺し合うことを受け入れてる

という訳わかまつ屋な不条理さ。

 

十二支それぞれの一族が、(なぜだか全て日本人)

戦争のプロとして世界中で戦っているという設定で、

十二年に一度、それぞれの代表が殺し合い、

ゲームのようにいくつかの大国がそれを賭けに使い、

領土の拡大や紛争問題の決着をしている代理戦争という

不条理極まりないお話しなんですが、

 

女の子!特に女の子たちがいい!!!!

 

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥

とら、さる、とり、いのししの4人が女の子なんですけど、

それぞれキャラが深いトラウマとドラマを抱えていて、

なんか続きを見ずにはいられない感じで、

毎週楽しみに見ています!

 

まあ男子の話はそれほど割とどうでも(←無礼千万)

ゲフンげほん

 

先週の第10話、「トラは死んで皮を残す」

おい、タイトルでネタバレって!?!?

ありなのォ・・・・?

 

そう、このとらちゃんが私のイチオシ。

女子高生の頃から姶良(あいら)流武術の最強の使い手で跡取りだった

かなえちゃんは、道場主(たぶんパパ)の言いつけに従い、

戦場でおのれの道を極めるために戦士として戦闘に加わる。

だけどそこには正義などなく、

ただ無残で果ての無い殺し合いのなかで、

彼女は酒におぼれ、精神を病んでしまいます。

 

(ここで突き離すオヤジにまず怒り。

 テメ―のせいで病んだ娘を突き離すとか・・・)

 

そんな戦場で出会った「訳のわからないほど強い丑の戦士、失井

うしのせんし、うしいですよ、このネーミング!)

 

悩んだ彼女は

「どうすればそんな正しいことができるんでしょうか!?」

と彼女を助けたつもりの失井に尋ねます。

ちょっと考えて失井は、

 

「正しいことをすると決める。そしてする。以上だ」と

身も蓋もないほど直球の答え。

 

 

「もし君が正しいことが出来ずに苦しんでいるのなら、

 君が正しいことをしようと思っていないからだ

 いいかね正しいことは正しいことをしようという意図が無くては

 絶対に出来ない。」

 

「正しいことをしていない人間は、出来ないのではなく、

 やらないだけだと自認すべき。

 君も無理に正しいことをしなくていいが、出来ないのではなく

 やらないことを選んだのだとゆめゆめ忘れぬことだ。」

 

1.すると決めて、2.する。

 1の段階にいながら2を悩むのは愚の骨頂だ。」

 

(すげえ・・・・・)

 

と話し、彼女を安全地帯に送り届けて去っていきます。

もう少しそばにいてほしい、というとらちゃんの頼みを

他の子を助けに行くのが仕事だ、と去っていく後姿。

(ここでなぜ角が・・・?なぜマタドールの格好・・・?

 などとチラとでも考えてはなりません。)

 

 

失井を心の師と決め、

またどこかで出会って戦士として対等に相まみえたいと

ひそかに思い続けていたとらちゃんは、

十二大戦のことを聞き及び、

破門された実家に戻り、寅の戦士として参加してきたのでした。

ただ失井に会うために。

 

そしていろいろあって、

(↑ここはいいところだから絶対見て下さい。)

 

失井に殺されることを選ぶとらちゃん。

最後のシーンがもう感動だったのですが、

失井に本当のことも、自分の気持ちもまったく言わず、

彼に殺されることで最後は最高の人生だったと、

「会ったことなんかないよ、あんたみたいな男がきっと嫌いだからさ」

と言って、直後に最後の名乗りをあげて死んでいきました・・・

 

 

なにこのツンデレ

 

最高じゃないですか・・・(涙)

 

 

ちなみに失井も鈍感ながら、

とらちゃんに魅かれていた模様・・・・

 

 

こんなカッコ良いヒロイン

すげー久しぶりに見ました。

 

 

ちなみに私の「十二大戦」の押しキャラクター順位は、

1.寅の戦士、姶良(とらのせんし、とら)

2.申の戦士、砂粒(さるのせんし、しゃりゅう)

3.酉の戦士、庭取(とりのせんし、にわとり)

4.亥の戦士、異能肉(いのせんし、いのうのしし)

かな・・・・

 

え?男?

そうっすねぇ、やっぱいい男好きです!

5.丑の戦士、失井(うしのせんし、うしい)

6.卯の戦士、憂城(うのせんし、うさぎ)←激やばです・・・

7.子の戦士、寝住(ねのせんし、ねずみ)

 

ってところでしょうか?

 

 

「十二大戦」第11話、今夜TOKYOMX 24:00~と、BS11 24:30~のなんと豪華2本連続!!!

 

あと2時間~~~見るがよろしい~~~!!!!! 

 

じゃっ!

 

 でもきっと10話が一番だけどね

 

 

 

           

 

           

 

 

ラプチャー、かっこええ・・・・

 

 

 

 ★nekosipponaは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。