おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

ちーば探検隊。松戸神社と金山神社と戸定邸ぶらり旅

         

 

ちーばの住人になって早や1年10ヶ月。

 

そう言えば、松戸駅のあたりって

ほとんど知らないな・・・?

どうしても人混みと都会はなるべく避けたい

ちーば探検隊

 

しかし昨年友人が松戸駅からも程近い、

戸定邸(とじょうてい)に連れて行ってくれて、

松戸という都会のイメージが大分変わってきました。

実際行ってみないとホント、

分からないことたくさんですね〜〜。

 

 

さて、最近行ってみてびっくりしたのが、松戸神社

 

f:id:nekosippona:20180507163056j:image

 

街中なのに川沿いにあって、

非常に雰囲気がよくて気持ちいい。

 

f:id:nekosippona:20180507163638j:image

 

f:id:nekosippona:20180507163144j:image

 

大きな樹の下に

 

f:id:nekosippona:20180507163551j:image

 

キラキラした龍吐水が。

ご神水のようです。

 

f:id:nekosippona:20180507163730j:image

小さな富士塚になっている

浅間神社の摂社もありました。

 

千葉には山岳の神様を祀ってある事が

すごく多いのがだんだん分かって来ました。

三峯山御岳山出羽三山、そして富士山

山参りに行かれた人がたくさんいらしたんですね。

 

 

f:id:nekosippona:20180507163820j:image

 

 

 

f:id:nekosippona:20180608154446j:image

 

そしてこの神社、

干支のお守りがめっちゃ可愛い(*´꒳`*)

和紙製なんですけど、

どれも目を惹く愛らしさです。

 

f:id:nekosippona:20180507163951j:image

 

神社を出て、川沿いの緑の多そうな所を

散策してみました。

 

f:id:nekosippona:20180507164038j:image

 

江戸時代からの風景を思わせる場所が、

いくつか残っていました。

こっちの方がいいなぁ、

街の半分くらい、この感じに戻ったらいいのに。

 

 

そしてもひとつ見つけたのが

金山神社

 

f:id:nekosippona:20180507164127j:image

 

小さな山全体が、

実は富士山を模していました。

 

f:id:nekosippona:20180507164345j:image

 

 おおっ、オオカミの三峰神社

 

f:id:nekosippona:20180507164628j:image

 

f:id:nekosippona:20180507164838j:image

 

本殿正面の参道は、線路の上を通っていました。

珍しい。

線路で分断してしまった氏子さんのためにかけられたんでしょうね。

 

山の途中には、ちゃんと何合目の道標もありました。(^-^)

 

f:id:nekosippona:20180507164701j:image

 

小御岳神社

昔の富士講は、富士山の五合目にあるこの神社を目指して

多くの人が旅をしました。

 

富士講は世界でたぶん類を見ない、

積立式ガイド宿泊食事つきツアーシステムであったようです。

例えば、100人の人が講にいたら、

毎月全員がほんの小額ずつお金を積み立てします。

そうして最初の年は10人が、次の年にはまた他の10人が、

という形で、富士山までの往復の路銀を積み立てたのだそうです。

スゴイですね!!!

 

ちなみに友人が富士講の御師の家の生まれなんですが、

富士吉田の家には、多くの人が泊まる部屋やふとん、

食事のための什器、

そしていちばん奥には室町時代に作られたという

コノ花サクヤヒメを祀った神殿があります。

御師は講の人々の世話や宿泊、

神主を司り、ここから先達というガイドがついて

浅間神社から富士山に登りました。

 

 

 

f:id:nekosippona:20180507164757j:image

 

千葉にはたくさんの浅間神社があり、

多くの人が富士山に向かったんだなあと感心します。

 

またこの金山神社の手前に、

ちいさなビルとビルに隠された弁天さまがあったので、

ぜひ気になる方は見つけてみてくださいね。

小さな隠れ家みたいです。

 

ヒントはいちばん下の地図に。(*´꒳`*)

 

 

 

 

そして最後は昨年案内してもらった戸定邸

 

最後の将軍、徳川慶喜の弟、

昭武さんが住んでいた所です。

 

この方は本当なら次の将軍となるはずでした。

幼くしてパリ万博に将軍の名代として渡仏し、

さまざまな人たちと交流があった当時の記録や

御本人の流暢なフランス語の手紙や

写真が資料館にあり、

そのスケールの大きさに驚いてしまいました。

 

このフランス滞在中に大政奉還が行われ、

将軍となることも無くなって呼び戻され、

この屋敷に暮らしたのだそうです。

 

f:id:nekosippona:20180608022542j:image

謁見の大広間。

私はこの裏にあるちいさな書斎が気に入って、

押し入れのなかが、全てたぶん本棚になっていたところが、

すごくいいなと思いました。

 

ここから眺める庭の景色は

遠くは富士山が見えたり、

非常によい景色でした。


f:id:nekosippona:20180608022546j:image
f:id:nekosippona:20180608022602j:image

 

離れのお母様が住んでいたという部屋。

このほかタイルのお風呂もなかなか素敵でした。


f:id:nekosippona:20180608022532j:image

 

見事な書き文字です。

昔の人の書の達筆な事には、本当にいつも驚きますが、

しかもこれはフランス語。

美しい筆記体・・・・。

 


f:id:nekosippona:20180608022553j:image


f:id:nekosippona:20180608022611j:image
f:id:nekosippona:20180608022537j:image

今月から戸定庭園が、

昔の東屋の姿など復元されて公開になっているようです。

昨年秋に訪れた時は改修中だったので、

楽しみです。

 

松戸には、日本一美味しいつけ麺やがある!と聞いて

行ってみたのにつけ麺でなく普通のラーメン頼んでしまいました・・・・。

 

松戸に行くことがあったら、

ぜひぶらり散歩してみてくださいね!

 

f:id:nekosippona:20180608155141p:image

 

 

     

 

 

★nekosipponaは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。