おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

「ちえりとチェリー」in 合羽橋シアターSPROUT ‼️

ずっと気になっていた、

『ちえりとチェリー』を、

浅草合羽橋シアターSPROUT

で見て来ました〜〜!!!

 

f:id:nekosippona:20180624122439j:image

 

ちえりとチェリーは、

ロシアの国民的キャラクター、

チェブラーシカのコマ撮りアニメーションを

27年ぶりに撮った日本人の 中村誠監督

作ったオリジナル長編作品です。

 

評判を聞いたときに

すごく見たいと思ったのと、

会場が浅草合羽橋と聞いて、元地元民の私は

『合羽橋にそんなスペースあったっけ・・・?』

と興味を惹かれていたんですが、

自分の日程がハッキリしなかったのと、

すぐに予約が埋まってしまったので諦めていたんですが・・・、

ご縁なんですねえこれが!!!!

 

前日Twitter見ていたら、

キャンセルのご連絡がタイムラインに流れて来まして。

なんてラッキー!!!と、

速攻友人の分と申し込みました。

 

そして昨日、

けっこうな雨でしたが、浅草は相変わらずの人出で

外国人観光客の皆さんで賑わっていました。

昔浅草ビューホテル (元日劇) を作る時、

電通が広告を請け負って調査したところ、

『浅草には若者がいない!!!!』

という驚愕の超さびれた町だったことを思い出すと、

まさに隔世の感。(´;Д;`)

 

f:id:nekosippona:20180624122542j:image

 

懐かしい場所をあちこちフラフラ寄り道しながら

合羽橋の会場に向かいました。

1Fは喫茶店と聞いていたんですが、

着いてびっくり。

いつの間にこんな超ステキスペースが・・・!!!

 

f:id:nekosippona:20180624125235j:image

 

この上映会は、

「チェブラーシュカ」との2本立てで約70分ほど。

 

「ちえりとチェリー」

声優の皆さんが、なんと今をときめく

星野源・高森奈津美・尾野真千子・田中敦子・栗田寛一

サンドウイッチマンのお二人などなど・・・。(←すみません)

 

 ちょっとだけネタバレなんですが、

クロネコの レディ・エメラルド の声が、

なんと田中敦子さま!で、

まんまキャラクターも少佐そのままだったので、

攻殻機動隊ファンの私は、しばらくの間

『少佐・・・少佐だあ・・・』

脳内変換してしまいました、いかん。

 

 

ちえりお母さんの微妙に変わる目の表情でわかる

内面の揺らぎや、

ちえりの理想の保護者で助言者であるチェリー、

生命は本当はいなくならないこと、

そしてちえりが自分の恐怖と立ち向かい、

それを超えていく姿が

繊細な動きと大胆な造形で展開していきます。

 

 

それにしても、これをパペットアニメーションで

何年もかかって制作された監督さんや

皆さんの情熱に、感嘆するばかりです。

 

日本の自然の風景や、

たくさんの物のあふれる蔵の中、

水中や空中や異次元の様子など、

ものすごくよく出来ていて見入ってしまいました。

 

ちえりの繊細さは、

『敏感すぎて、

   生きていくのが大変になってしまいそうな

   こんな子どこかで見たことがある・・・』

と思わせられて、

高森奈津美さんの好演でした。

 

また今回の上映では、

高森奈津美さん星野源さんのお二人からのコメントがあり、

最後には 中村監督がご挨拶してくださって質疑応答も行われ、

小学生と思われる男の子がとても深い質問をしていました。

 

最後のラストシーン、私もすごく思うところがあったのですが、

見ていない方がたくさんいらっしゃると思うので、

ここは書かずにガマンします。(笑)

 

この映画は、見終わってすぐに感想が出て来ない感じで、

今どきの展開の速い映画にはない、

心にじわじわ浸みこんでくるような作品です。

泣いていらっしゃる方も何人もいらして、

私も途中でホロリとしました。

ぜひたくさんのお子さんに

見ていただきたいと

思う映画でした。

 

ちえりとチェリーチェブラーシュカの2本立て

高校生以上1300円 

 

(なお、メイキングや予告編が

 Youtube で見られるそうな・・・!)

 

この映画は、映画館にはかからず、

自主上映という形で、毎月何本も各地で上映されているそうです。

DVDになる予定も無いそうで、

会場でのみ、この2本の映画の台本のセリフの入ったパンフレットが

900円で購入でき、

チェリーのグッズも販売されています。

 


f:id:nekosippona:20180624122831j:image

終了後、

サインしてくださる 中村監督

監督のお話しを、もっと色々聞いてみたかったです。

 

ちえりとチェリー上映会予定などは

こちらのTwitterアカウントをフォローされると良いかと思います。

 

chieriandcherry.com

 

上映会を主催してくださった皆様、

本当にありがとうございました🙏☺️

 

↓ 今回主催して下さったおっか3さんの

ご許可いただきましたので、よろしかったらぜひ。

 

浅草プチ上映会、ウラ話。 | あそび部屋

 

 

 

 

そしてもうひとつ、あまりにステキ空間だったこの

合羽橋シアターSPROUT

根掘り葉堀り色々伺って(笑)、

写真も掲載OKを頂きましたので

ぜひご紹介したいです。


f:id:nekosippona:20180624131023j:image

 

最初インテリアのショールームですか?

と思ったほどセンスが素晴らしい。

ここの以前の姿を思い出せなかったんですが、

昔は瀬戸物屋さんだった場所で、

SPROUTとしてはつい昨年からと伺いました。

(間違ってたらゴメンナサイ)

 

こんなに奥が広かったとは・・・びっくりです。


f:id:nekosippona:20180624122806j:image

 

f:id:nekosippona:20180624162511j:image

トイレ・・・ひっろい!!!

 

スクリーンのある部屋の他に小部屋が

いくつもあるのですが、

シアタースペースレンタルで

ケイタリングなどでこちらも使えるそうで、

飲食物は持ち込み基本不可なので、

1Fからケイタリングお願いする形のようです。

あとは下が素晴らしいお店なので、

そちらで打ち上げも良いかもです。


f:id:nekosippona:20180624122842j:image

 

アーチストのファンの方々が

何人か集まって上映会をしたりとかされているそうで、

きっと評判になってなかなか予約取れなくなるかも・・・

なんて思いました。

ここでイベントやってみたい。


f:id:nekosippona:20180624130808j:image

ヘラジカさん。


f:id:nekosippona:20180624131049j:image

 

入り口から見たところ。

1Fのお店を上がって2Fがスクリーンなどあるスペースです。

 

合羽橋 Theater SPROUT

f:id:nekosippona:20180624163742j:image

 

 

●7.1.4ch アトモスシアター【最先端】

●収容人数30名のレンタルスモールシアター

●1Fはお洒落なカフェ

東京都台東区松が谷3-1-12 (株)Budscene

03-4440-7678 

 

 

spacemarket.com

 

theatersprout.budscene.xyz

 

 

ちなみにお隣

f:id:nekosippona:20180624162139j:image

いつの間にwww

骨董品屋さんになってる・・・。


f:id:nekosippona:20180624162111j:image

 

可愛い豆皿(500円)がいっぱい!

買ってしまいそうwww

 

 

目印はこの巨大カブトムシ。↓

道路を挟んでほぼ向かいSPROUTはあります。

合羽橋商店街の真ん中ぐらい。

浅草からはROXの前から上野に向かって直進すると近いですね。


f:id:nekosippona:20180624162200j:image

 

 1Fはただ今配管工事中とのことで、

次回浅草に行くときは、ぜひお茶しに寄ってみようと思っています。

 

ちえりとチェリー

合羽橋 Theater SPROUT

皆さまもご興味と機会あればぜひ、見て訪れてみてくださいね!

 

最後に余談なんですが、

合羽橋の字は着る方の合羽ですが、

本来ここには川が流れていて、

合羽川太郎(喜八)という人が、何度も流される橋を

私財を投げ打ってかけようとするのを見兼ねて、

河童が手伝ってくれたという伝説があり、

すぐ近くにかっぱ寺(曹源寺)があるんです。

 

この裏に住まれていたカッパ絵で有名な

萩原楽一先生に、子供の頃絵を習ったのが、

今にしたら自分の絵を描きたい気持ちの

原点のような気がします。

萩原先生はいつもニコニコして、

叱られたことも、こう描けと言われたこともなく、

のびのび自由で、生きた大きな海老を描かせてくれたりして、

すごく楽しかった記憶があります。

私は赤いクレヨンで海老の背中に色を塗ってたような・・・(笑)

 

そして河童伝説に負けず、

不思議なことやちょっとコワイことも

色々あった場所なんですが・・・、

それは需要があったらまたいずれ(笑)