おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

春のオススメゆるハイキング。花いっぱいの八重山

ようやく春ですねえ。

 

f:id:nekosippona:20190220161156j:image

 

たくさんの種類のお花が楽しめる、

能岳から八重山のハイキングをご紹介します。

だいたい3時間から4時間ぐらいで降りて来られて、

自然の非常に美しい素敵なルートです。

 

危ないところもなく、晴れてればのんびりゆっくり

お花や景色を楽しむ事ができます。


f:id:nekosippona:20190220161212j:image

 

能岳登山道の入り口は、少しわかりづらいんですが、

新井バス停から少し先の建物脇の道を入っていきます。

山梨県のJR上野原駅からバスで13分ぐらい。


f:id:nekosippona:20190220161516j:image

 

もうここらへんから雰囲気が良くてワクワクしますね〜〜。お花のトンネル🌸


f:id:nekosippona:20190220161302j:image

 

山梨の低山に多くみる風景で、

登山道のすぐ下は住宅です。

 


f:id:nekosippona:20190220161504j:image

 

これはいったい何の花の後だろう?

ご存知の方がいらしたら教えてくださいwww

クリスマスローズに似てる気が・・・???

 


f:id:nekosippona:20190220161253j:image

 

登っていくと、登山道のすぐ上に

馬頭観音の祠が。


f:id:nekosippona:20190220161238j:image

 

お馬さんが乗っています。

昔この道も馬が越えて行ったんでしょうか?


f:id:nekosippona:20190220161526j:image

 

きれいな赤いヤマツツジ。

 

同じく赤いレンゲツツジは、

花びらの先が細く尖っているんですが、

呼吸停止や痙攣を引き起こす毒があるので、

絶対に蜜を吸ったりしないでくださいね。

 


f:id:nekosippona:20190220161435j:image

 

分かりやすいルート図や、


f:id:nekosippona:20190220161206j:image

 

どこにどんな花があるかの地図まであって

超親切。(*´ω`*)

この山にはたくさんの種類の桜があるようです。


f:id:nekosippona:20190220161244j:image

 

どこの山が見えてるかの写真図まであって、

いや〜〜ステキ。

する仕事がありません(笑)


f:id:nekosippona:20190220161520j:image

イチリンソウ

 


f:id:nekosippona:20190220161449j:image

 お・・・チゴユリ? かわいいなぁ


f:id:nekosippona:20190220161314j:image

キランソウ。

 

f:id:nekosippona:20190220195844j:image

キラキラのジュウニヒトエ(十二単)


f:id:nekosippona:20190220194459j:image

ハナイカダ

 


f:id:nekosippona:20190220194428j:image

 

これが全然わかりませんでした・・・


f:id:nekosippona:20190220194719j:image

 

 


f:id:nekosippona:20190220194445j:image

 


f:id:nekosippona:20190220161537j:image

雪で真っ白な富士山も見えます。


f:id:nekosippona:20190220161723j:image


f:id:nekosippona:20190220161230j:image


f:id:nekosippona:20190220161201j:image

 

ん〜〜フデリンドウかな?

キレイな色ですねえ


f:id:nekosippona:20190220161510j:image

 

展望台は広めで、お昼をたべるのにピッタリです。

お天気良ければ最高のお昼寝スポット・・・。

眺めがこれまたバッチリです。


f:id:nekosippona:20190220161441j:image
f:id:nekosippona:20190220161426j:image
f:id:nekosippona:20190220161531j:image

 

下山してきたらここにもまた春爛漫のような光景が。


f:id:nekosippona:20190220161455j:image

 

藤の花まで。

  

この山は能岳との縦走ルートになっているんですが、

ピークはどこ?と見逃してしまいそうな感じです。(笑)

キンラン、シュンラン、カタクリ、イカリソウ、

ホウチャクソウにチゴユリなど、

開花時期にタイミングが合えば、夢の花園です。

お花屋さんには無い、

自然の野草がいっぱいです。

 

新井バス停の先から右に登って行くと、

1時間で能岳(ここは展望なし)そこから八重山まで20分。

展望台までまた30分、

ここからの下山はいくつもの観察ルートが ありますが

どれを通ってもだいたいメインのルートに戻ります。

下山は上野原中学の上の駐車場まで1時間。

ここにはWCがあります。

中学校の生徒さんたちが清掃してくださっているようです。

そこから15分ほど歩くとバス通りに出ます。

 

山の中には水場とトイレはないので注意してください。

東屋とベンチはたくさん出てきます。

 

f:id:nekosippona:20190223210842j:image

 

ここは人がまだそれほど多くない良い山なので、

決して植物を取って帰ったり、

食べた後のゴミを捨てたりしないようにお願いしたいです。

山に咲くものは、その場所以外ではよほど環境が合わない限り、

生きることができません。

違う場所に連れ去られるのも、

生きている場合を汚されるのも、

同じく致命傷になります。

 

 

 

いまや苔のブームで、

きれいな苔を剥ぎ取るようなことまで起きています。

日本にいると恵まれた豊かな土と水、

変化のある気候と日光の恵みで、

植物が放っておいても繁栄するイメージですが、

世界の多くの土地が、実はそうではありません。

 

すごく難しい問題ではあるのですが、

山の植物は、たくさんあるように見えても、

翌年またそこで確実に繁栄できるわけでもなく、

ほんの少しの変動(人の踏みつけや気温、あるいは湿度の変化など)でも、

あっという間に消えてしまうことがあります。

特にこの20年の自然の変化は凄まじい。

 

植物がなければ当然人間も生きられません。

どうかよろしくお願いいたします。

 

花が目覚める春のピクニック、

家族や友人とのんびり楽しみたいですね〜〜!!