おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

雪のあだたら山、くろがね小屋。

あだたら山にはくろがね小屋という小屋があります。

 

雪と大岩

 

2019年3月末の、あだたら山の様子です。

山に入るとまだまだ雪が深く、

山の春とは、地上と違ってまったくの雪山。

 

あだたらロープウエイの山麓駅

 

無雪期のあだたら山は、誰もがのんびり景色を楽しみながら登れて、

ロープウェイを使えば、

山頂までたったの1時間半。

 

この日の目的のひとつは、

くろがね温泉の湧くくろがね小屋

一泊する事なのです。

 

なのであだたらロープウエイの山麓駅、

奥岳登山口からスタートです。

ここにはWCも、奥岳の湯もあります。


f:id:nekosippona:20200116204843j:image

 

3月という事で、

春の日差し溢れる残雪の山のイメージで装備は薄めの皆さんですが、

今回の天候は、完全な厳冬期の山の天候です。

ゴンドラ乗り場から下の町は、まったくどこにも雪など見当たらなかったのですが。

 

 

残雪期は軽アイゼン(6本爪)でもOKだったりしますが、

今回は上では出来れば10〜12本爪が必要な感じです。


f:id:nekosippona:20200116204834j:image

 

雪がないとかなり下りにくいドロドロショートカット道も、

雪があればスイスイ登れます。楽しい


f:id:nekosippona:20200208173122j:image

 

雪山初めての方には、すべてとっても新鮮。

冷たい空気、

ちらつく小雪、

サクサクした足裏の感覚、

夏にはない静けさ。


f:id:nekosippona:20200116204826j:image

 

ウサギの足跡。

ぴょんぴょん飛んでいるのが目に見えるようです。

後ろ(手前)の小さいのが前足、

前の大きいのが後ろ足。

ぴょん!


f:id:nekosippona:20200116204811j:image

 

ところどころ源泉を通すパイプがあり、

熱で空洞になっていたりするので注意。

このような感じで、

前に何人か通っていてもズボッと落ちてしまうこともあります。


f:id:nekosippona:20200116204857j:image

 

勢至平からくろがね小屋まで、

夏道なら30分ほどですが

積雪量にもよりますがこの日はルートが全くわからないくらいの雪の上、

天候は吹雪になりかけの真っ白。

かかる時間も当然夏とは違います。

道迷い注意です。



f:id:nekosippona:20200116204736j:image

f:id:nekosippona:20200209140419j:image

くろがね小屋にとうちゃ〜〜く!

1階部分が埋まるぐらい雪が積もっています。

この日は本当に真冬並みの寒さ。

こんな日こそ最高に小屋がありがたい。


f:id:nekosippona:20200116204846j:image

 

山小屋で入れる数少ないくろがね温泉。

極楽とはこのこと・・・・・。


f:id:nekosippona:20200116204815j:image

 

ここは2階が数人部屋に壁で区切られていて、

カーテンを閉める事も出来てとても居心地が良く、ライトも雰囲気がありますね。

 

寝具は敷き布団と枕、毛布は2枚だけなので、

冬季は特に夜寝ていると寒くなるので、

温泉の後、寝るときはダウンや手袋、

フェイスマスクや帽子など、

着込んで寝ることをお勧めします。

あるいは夏用の薄い寝袋を持って行くのもいいかと思います。

ふとんの中で使えば暖かいです。


f:id:nekosippona:20200116204722j:image

 

部屋の入り口の羽目板の下に、靴を収納できます。

残念ながら靴が無くなるという事も山小屋ではあるので、

近くにしまえると安心ですね。

廊下にカッパやジャケットなど干すことができます。


f:id:nekosippona:20200116204713j:image

 

あったか懐かしいダルマストーブ。

お湯もここのヤカンから各自で入れさせてもらいます。

 

ヤカンからお湯を魔法瓶の水筒に入れます


f:id:nekosippona:20200116204823j:image

 

食事は宴会装備を持ち込んで、楽しそうに炊事する人達か、

小屋秘伝の特製カレーを堪能したい人とどちらかですね。

 

f:id:nekosippona:20200119191848j:image


f:id:nekosippona:20200116204818j:image

 

翌日は、

朝から前日に増しての猛吹雪になりました。

泊まっていた人たちは、諦めて下山する人たちがほとんどです。

 

猛吹雪とくろがね小屋

 

くろがね小屋に舞う吹雪

 

夏道ならここから山頂まで1時間ちょっと。


f:id:nekosippona:20200116204744j:image

 

何もかも完全に凍りついています。

 

凍るつく赤い木の実

 

凍る灌木

凍る木の枝

 

風と雨と雪の時間が刻印されています。

 

 

小屋のすぐ上に行くほど風雪は強くなり、

ホワイトアウトの様相を呈してきました。

 

吹雪のあだたら山

ホワイトアウトしていく中、かすかに見える大岩

 

ザックとピッケル



風速30mは越えそうな勢いになってきて、

自分たちのトレースもあっという間に消える猛吹雪になってきたので、

残念ですが下山です。

春先の装備で来た人たちには、

ここから先はデッドゾーンになって行きます。

 

吹雪の中に立つ木

 

上から眺めるくろがね小屋

 

下に今朝出発したくろがね小屋が見えます。

ここは雪のある時しか通れないので、

冬季だけ見ることのできる眺めです。


f:id:nekosippona:20200116204829j:image

 

ハイマツの枝が氷柱に覆われています。


f:id:nekosippona:20200116204931j:image

 

冬にしか見ることのできない美しさ。


f:id:nekosippona:20200116204839j:image

 

完全に峰の辻の手前までラッセルとなり、

装備の薄い方達がほとんどなので、

ここで引き返しを決めました。

 

初めての雪山の皆さんと、

ふっかふかのパウダーにダイビングしたり転がったり写真を撮ったり。

めっちゃ楽しみました。


f:id:nekosippona:20200116204935j:image

 

寒くて、冷たくて、


f:id:nekosippona:20200116204945j:image

 

美しい。


f:id:nekosippona:20200116205154j:image

 

 

下山してきたら、青空とお日様が。


f:id:nekosippona:20200116204905j:image

 

お日様と青空

 

下と上の天気が信じられないほど違う。

山ではよくあることなんですが、

お日様があるとホッとします。


f:id:nekosippona:20200116204727j:image

 

皆さん楽しんでくださったようで良かったです。

この残雪期の山は要注意で、

私も前日まで天気予報とにらめっこで、

出発の寸前にいくつかの装備を厳冬期用に変えました。

たぶん雪山を始めたばかりの方は、装備も春先向きのものしか持っていないことが多いので、

お天気と積雪の状況には、

本当に気をつけてくださいね。

寒さと冷えで怖い低体温症は、

気がついたら足が痙攣して一歩も歩けなくなったり、

意識が朦朧として行動不能になったりして、

グループであれば他の人の命まで危うくなります。

 

雪山は美しくて楽しいです。

充分な準備で少しづつレベルアップして行ってくださいね!

 

くろがね小屋さんは工事の予定が延期になりましたが、

行かれる方は必ず以下のサイトを確認してくださいね。

現在のところ、営業は令和3年3月31日までとなっています。 

 

www.tif.ne.jp

 

 

山小屋泊まりの必需品。

まわりの音を気にせず、グッスリ眠れます。

私はヘッドランプの防水袋に必ず入れています。

 

MOLDEX 使い捨て耳栓 コード無し お試し8種エコパック ケース付 (Camoplugs Sparkplugs Goin'green Meteors Softies Mellows Pura-fit 各1ペア)

 

 

www.nekosippona.com