おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

クラウンシャイネス。ちーば探険隊


f:id:nekosippona:20200128221620j:image

 

木がゆずりあいをした結果、

樹間の間から空が割れたように見える現象を、

クラウンシャイネスというのだそう。

 

インドネシアの竜脳樹(リュウノウジュ。

フタバガキ科の常緑大高木。最高65〜75m、

樟脳の原料のひとつ。香や綱領に使用され、

かつては金以上の価値があった。絶滅危惧種)

によく見られて、同じ時期に成長した木々が

お互いに譲り合いをすると言われていますが、

実際のところはよく分からないのだとか。

 

以前に住んでいた国分寺でも、

シラカシの木の周りの空がひび割れたようになっていて、

「ゆずり合いしてるんだあ・・・」(感動)

なんて見ていたんですが。

 


f:id:nekosippona:20200128221625j:image

 

友人ご夫婦と面白そうなところを探して、

あちこち歩いていた時に

「あれっ!?」

ここだけ丸い穴になってる・・・・。

 

見れば見るほど不思議です。

あの真ん中の木だけ、

明らかに周りの木々が避けてる。

 

この時はっきり木の種類とか確認していなかったんですが、

真ん中の木は周りに何本もまっすぐ生えている木と

特別変わりなかったような気がします。

なぜなんだろう・・・・・?

不思議な光景だなあ

 

 

f:id:nekosippona:20200128221616j:plain

 

行ったらすぐわかるんですが、

ここの神社の名前を失念。

大きな森の中にあって、とても良い感じでした。

 


f:id:nekosippona:20200128221632j:image

 

そしてここは上の神社と同じ千葉県印西市の

「結縁寺」「花井戸」

復元されたものなのだそうです。


f:id:nekosippona:20200128221642j:image

 

なんだかとても不思議な雰囲気の場所でした。

何百年前の景色がそのままなんじゃ無いかと思わせるような・・・。


f:id:nekosippona:20200128221628j:image

 

お寺の門の前には、

弁天池とハスの生えた湿地が広がっていて、

それぞれの季節には、ヒガンバナ・白蓮・

コスモス・桜などの花が咲く景色を見ることが出来るのだそう。


f:id:nekosippona:20200128221612j:image

 

「結縁寺」は、奈良時代の僧【行基】によって開山され、

”にほんの里100選”に選ばれているそうです。

それほど広いところでは無いのですが、

また来たいなあと思わせる何かがある、素敵な風景でした。

次は7月のハスの花が咲く頃にも、ぜひ行ってみたいです!

 

【 アクセス】

京成成田空港線 千葉ニュータウン駅からバスで10分、「高花」ゆき・

「高花団地入口」下車・徒歩3分。

トイレあり、車3〜4台の駐車できるスペースあり。

 

 

www.nekosippona.com

  

www.nekosippona.com

 

www.nekosippona.com