おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

好きなことに結局は戻る、やろうがやるまいが時間の終わりはくる。

仔オオカミ ドローイング

 

さいきん描き続ける事で、明らかに手が変わって来た手応えがあって、

中学生の頃に最初に持っていた夢を思い出す。

 

動物の細密画家かイラストレーターになって、

カナダかどこかの森に住みたい。

 

 

描きたいものが湧くように出てくるのは幸せ。

 

あと手が思い通りに動くことすら実は僥倖で、

永遠の時間があるわけではないことに最近深く気づいた。

 

思い通りに描くことは楽しい。

 

楽しいことはたくさんやる。

 

やろうがやるまいがどちらでもいい、

時間の終わりはいずれ来る。

 

でも、やり続けた先に、

空に歌ったり笑ったりしながら虹を描くような、

そんな意識の次元にたどり着くかもね?