おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

満月のナイトウォーク。

忘れることの出来ない美しい景色というものがあります。

 

満月の高尾山山頂。

満月の高尾山山頂。

 

新月や満月、様々なタイミングでよくナイトウォークを開催していたんですが、

特に美しかった晩のことを覚えています。

暮れていく高尾駅

暮れていく高尾駅

 

この日は日が暮れる前から、空がとても美しくて、

駅で親しいクライアントさんとの待ち合わせ。


暗闇の中、なるべくヘッドランプを使わずに

いろいろな場所の説明をしたり、動物の気配を探しながらおすすめコースを高尾山の山頂へ。

 

いよいよ山頂に着いたところ。

 

夜景が見えて来ました!



満月と雲と街の明かりと。

 

何回も来ているはずなんですが、

こんな景色に出会ったのは初めてでした。

雲から現れた満月

雲から現れた満月

 

美しい紋様のような雲

美しい紋様のような雲



厚い雲の向こうから・・・

厚い雲の向こうから・・・



明るく輝く雲と満月

明るく輝く雲と満月

雲が低い位置にあったのか、

満月の光と街の明かりで今まで見たことのないほどの明るい空に。

 

空に見惚れる

 

これほど明るい山頂は、

私も初めての経験で、いつもは街を見下ろす深い森が、

この日はどこまでも明るく、不思議な雰囲気に満ちていました。

 

同じ満月でも、

空の深い闇に、冴え冴えと透き通る青い月の光や

雲に照らされた月の光が広く拡散してどこまでも明るかったり、

月の上がる時間や方角、

その時の気象状況でまったく同じ夜はないんですね。



高尾山口

 

その後、ずっと鮮やかな紋様を浮かべた月が、

下山するまでついて来てくれました。



お疲れ様でした!


お疲れ様でした!

最高の満月の山でしたね。