おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

超簡単アップルパイを作ってみました。

簡単に作れたアップルパイ


暑かったり急に寒くなって雨が降ったり、

秋も深まってきましたね。

あったかいお茶が恋しい今日この頃。

 

パイシートとトースターさえあれば、

超簡単に作れるアップルパイを作ってみたら、

予想以上の出来上がりで美味しかったので、

ざっくり簡単に解説しますなりよ。

買うよりぜんぜん美味しかったです。☺️😆😇

 

まずはスーパーで冷凍庫にパイシートがあったら買って冷凍しておきましょう。

これで出来たもどうぜんです。😆

 

 

今回は使いかけで結構長く冷蔵庫に放置され、

カビまで生えていたリンゴを剥いたら中はぜんぜん大丈夫だったので、

三温糖とレモンと少しの水で煮て、冷蔵庫で冷やしておいたものを使います。

めんどくさければ、市販のジャムとかでも。

パイシートの中身は何を入れても美味しいと思うので、残ったクリームシチューや

ハンバーグなんかも立派なパイに大変身するはず。

そしてウチにはオーブンは無いので、トースターでやってみました。

 

材料

 リンゴ・三温糖・レモン・シナモン・パイシート・トースター・

 アルミホイル (あればアルミの型皿・パイ皿)

 

①パイシート2枚を冷凍庫から出して、常温で柔らかくしながら1枚にフォークでたくさん穴を開けます。割とすぐに柔らかくなるので、なりすぎたらまたいったん冷凍庫に戻すことをお勧めします。

 

②2枚目の3分の1をナイフで切って、1枚目に少し重ねて幅を増やします。そこもフォークで突いて穴を開けます。

 

③パイ皿があれば②をパイ皿に敷いて形を整えるんですが、無いので厚めのアルミホイルを折って二重にし、その上に②のパイシートを乗せて四方を立ち上げてお弁当箱型にしてここに煮リンゴを平らに敷き詰めます。その上からシナモンをばっぱ。

 

④残りの3分の2のパイシートを適当に細切りにして、煮リンゴの上に格子状に乗せます。

パイシートの袋に、卵の黄身に手を加えて塗る方法が書いてありましたが、めんどくさいのでやりません。バターがたっぷり練り込んであるので、充分美味しかったですよ。

 

⑤トースターで下の火力を強、上を弱にして様子を見ながら10分ずつ焼きました。なんだかんだ30分は焼いたと思います。最後に上の火力を強くして焼き色をつけます。

 

だんだん良い匂いがしてきて、出来上がり。

アツアツでバターとリンゴの香りと甘さがすごく美味しかったです。

これにバニラアイスを添えたら、

天国のたべもの・・・☺️😆😇

 

パイシートさえあれば簡単なので、朝ごはんや手作りおやつが食べたい時に、

ぜひやってみてくださいね。

 

これパイシートさえ溶けなければ、

山とかでも作れると思うんじゃが・・・。

アウトドアであつあつアップルパイとか食べられたら、最高ですね!