おきらくごくらく。

山と自然と不思議。日常のあれこれの雑記ブログ。

たまげた、たまげた。前首相狙撃事件で分かった事

Pixabay



衝撃の安倍さんの暗殺事件から、はや1週間ほど経ちました。

当初からたくさんの疑問と違和感のある報道だったのですが、

いろいろわかってくるにつれ、この国の驚きの構造、

昔から感じていた息苦しさの正体が、はっきりわかった気がします。

そして自分の記事を見て、言いたいことの半分も出していないと思いました。

(アクセスが減ろうとそんなことはどうでもいいんです。)

 

 

第二次安倍政権の始まる前、安倍さんが中央線の国分寺駅前で演説していたのに

通りかかったことがあったんですが、

たくさんの黒服に囲まれ、ものすごい数の日の丸国旗を持った人々が、

安倍さんの演説の区切り区切りで旗を振っている姿に非常に驚きました。

 

内容と関係なく、話の区切りで全員全く同じ動作でロボットのように

どこから用意されたのかわからない日の丸を振っているその姿、

不気味で異常な感じがして、驚いてちょっと様子を見てたんですが

ものすごい息苦しい感じがしました。

この人が当選したら、きっとひどい事件が増えるだろう、

そして多分そうなってしまうんだろうという強い危機感でした。

 

 

そしてこの8年8ヶ月で起こったことは、

私の想像をはるかに超えることでした。

なぜこれほど国民を痛めつけるような政策ばかり取れるのか、

国民に対して「あんな人たち」と平気で言える首相とはなんなのか、

最高裁判事15人を自分の息のかかった人間に全て入れ替え、

全て自分の都合の悪いことは公文書でも改竄・隠蔽し、森友学園事件において

「私や妻が関係していたらすぐさま辞職する」

と言った国会での答弁の尻拭いのために、優秀で非常に真面目な1人の公務員の

命とその周りの人たちの生活を奪い、

憲法をないがしろにして来た。

 

www.nhk.or.jp

 

福島第一原発事故の遠因は、

京都大学工学部原子核工学科出身の吉井英勝衆院議員が、

2006年から地震や津波で冷却機能を失う危険性を追求しており、

福島第一原発を視察したのち、施設の老朽化などの危険も訴えていた。

 

そして原発事故の5年前、第一次安倍政権発足3カ月後、

巨大地震の発生による、電源喪失による冷却不能の危険性を指摘。

当時の安倍氏が「全電源喪失はあり得ない」といって、

専門家から上がって来ていた危険性を知りもしないデタラメで強弁・否定したため、

何の対策も講じられなかったことです。

 

www.excite.co.jp

 

   

この後に東日本大震災が発生し、それを野党となっていた自民党は逆手にとって

当時の菅直人首相を批判することで民主党に非常に巧妙に責任転嫁しました。

東電の賠償責任が認められたなら、この安倍氏の責任も問われるべきだと思います。

 

 

そして明らかになった統一教会と安倍政権の癒着。

安倍内閣の12人が統一教会と深い関わりを持っていた。

今や既に立憲民主党・日本維新・国民民主党にも関係者がいることが報道されています。

ご存知の方も多いと思いますが、韓国の新興宗教統一教会は完全なカルトです。

 

知りませんでしたが、安倍家は三代に渡ってこの団体と深い繋がりがあり、

金と利権と組織票に大きな関係がないという方が不自然です。

 

president.jp

 

日本でサリンによる大規模テロ事件を起こしたオウム真理教の次に

警察の捜査が入る筈だったのは統一教会でしたが、

政治の圧力により潰されたとの証言があります。

 

 

驚いたことに、安倍政権支持者が大嫌いなはずの韓国のカルト集団が、

日本の政治の奥深くまで浸透していたのです。

びっくりです。

 

統一教会の右翼団体・国際勝共連合の主な運動方針。

 

国際勝共連合 - Wikipedia

 

 

何かに似ている・・・既視感がある。

 

自民党の改憲案では、

第20条 政教分離

第1項【いかなる宗教団体も国から特権を受け、政治上の権力を行使してはならない。】

削除されています。

代わりに

いかなる宗教団体に対しても、特権を与えてはならない。

これ、宗教側への縛りではないですよね。

なぜ「政治上の権力を行使してはならない」が削除されているのでしょうか?

 

第3項【国およびその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動はしてはならない。】

憲法89条【公金その他の公の財産は、宗教上の組織などのために支出してはいけない。

 

 

 

第97条 【基本的人権の尊重】削除

もっとも大切で基本的な国民の権利を、なぜ削除する必要があるんでしょうか?

 

 

【緊急事態条項】

「国家権力の乱用と独裁につながる」

今までを見ていればもう当たり前に想像できます。この中身はというと、

  1. 国会議員の任期延長
  2. 緊急事態における、内閣による緊急政令の制定。

 

何でも出来ちゃいそうですね。

ちなみにプーチンは最近、「戦時経済体制」として、

「特別経済措置法案」に署名しました。

これは企業は政府の要求を拒否できず、従業員は夜間や休日での勤務、

戦時動員、物的資産の放出なども含まれます。

 

 

明治時代の緊急事態条項は、悪名高い治安維持法の改正で乱用され、

戦後は私権制限として削除されました。

何でこれを復活させようとしているんですかね?

 

 

nannokaisha.com

 

統一教会の意見と自民党の憲法改正、

中身が全く同じで大火災です。

 

 

 

愚かなことに、私今週初めて昔から感じていたあの気持ち悪さ、

息苦しさの正体が分かりました。

一見そうは見えないですが、

日本全体が訳のわからない宗教に首を閉められていると言ってもいい、

ずっと感じていた息苦しさの正体はこれだったのか・・・。

 

日本会議(1997〜反共産主義の政治団体で、戦後の体制を変えたい改憲派)とか、

神社本庁(1946〜反米・戦前の帝国憲法回帰)とかも同じですね。

政治と宗教を利用したひとつの方向への強制。

気持ち悪い・居心地が悪い・息苦しい。

 

 

お盆の記事で本当は書いていて消したことなんですけど、

プーチンが動物や子供と戯れているから良い人だとか、

安倍さん夫婦の仲はこんなに良かったとか、

それと政治の話は全く違います。

 

安倍さんだって、実際にちょっと会ったり、自分の気に入った人には

良い態度なのは当たり前。

それこそ「人間だもの。」

問題は、自分の好き嫌いの外側にいる人たちに対してどうなのか、

ということです。

そこが政治家の重要な最低限のラインであり、資質です。

だって自分の周りにいる人はどんなに多く見えようが、

日本国民のたったの数パーセントにしか過ぎない。

その人たちに便宜を図って、他の人たちを見殺しにするような政治を

間違っても首相となる人間が行ってはならない。

国民に対して「あんな人たち」などという分断を自ら広げるようなことをしてはならない。

これを平気でやって来たのが近年の自民党であり安倍政権だと思います。

 

日本の政治がカルトに汚染されていたことがはっきり分かりました。

合点が行ってスッキリしたけど、

あまりの衝撃ににゾッとしています・・・。

 

 

統一教会のことは芸能人が入信して知らない人と合同結婚式をしたり、

多額の献金や詐欺騒ぎがあったりは知っていましたが、

日本の政界の深部にこれほど食い込んでいたとは全く知りませんでした。

信じられないです。

 

 

正直安倍さんのことを人間的には嫌いではないですが、

とても追悼の気持ちにはなりたくてもなれない。

犯人の男性の人生に起こって来たこと、

社会から外れてしまう人たちに冷淡にし続け、

ひろゆき氏の言う「無敵の人」を作り出してしまうこの社会構造、

まさにウッランバナ(逆さ吊り・盂蘭盆会の語源)の最たるものだと思うのです。

 

自分の気に入った人たちのみの幸福で良いのか、と。

 

自戒も込めて。

 

残念ながら、

自民党は演説を聞いていても分断とヘイトを撒き散らしています。

三権分立と憲法を踏みにじっている。

それこそ戦争で亡くなった人たちが欲しかった「日本という国の平和」への

もっともひどい冒涜ではないでしょうか。

 

 

ちなみに、国葬令は1947年に失効しています。

前回執り行われた中曽根氏は合同葬で約1億円かかっています。

国葬は政府が費用全額負担、つまり税金です。

国民葬や合同葬より2倍以上の高額になるのは間違いないでしょう。

申し訳ないけど、夏休みになって明日の食べ物にさえ困っている子供たちの、

子ども食堂などにそのお金を回して欲しいと思っています。

 

 

追記

中村格(いたる)警察庁長官が、安倍氏の国葬後に辞任するそうです。

【官邸の番犬】と呼ばれ、2015年6月、フリージャーナリストの伊藤詩織さんが

元TBS記者山口敬之氏にレイプされた事件で、準強姦容疑で空港内で逮捕寸前のところ、

当時警視庁刑事部長だった中村氏が逮捕の中止を命じて握りつぶしたという

前代未聞の事件です。

この他にも安倍氏の政策秘書の息子がゲーセンで揉めた事件で、

「官邸に極めて近い人物の逮捕状は握りつぶす一方で、権力者側と揉めたものには

たとえ軽微な犯罪であっても逮捕を指示するという忖度スタンスがみてとれる」

とまで言われた人物です。

伊藤詩織さんは2回の直接取材を中村氏に行っており、

驚くことに走って逃げる様子が動画で記録されています。

 

www.youtube.com