おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

グランブルーの海、沖ノ島。ちーば探検隊

夏も深まる満月の日。

少し前から気になっていた房総半島館山の沖ノ島に向かいました。

  

南房総の海がどんな感じなのか初見参なのと、

ちーばを歩き回って宗像神社の多さに、宗像一族の移動の歴史などとの関連性から、

今話題の福岡県の沖ノ島との繋がりもあるんじゃないかと

勝手な期待は高まるばかり。

 

 

ちなみに宗像神社のある福岡県玄界灘の沖ノ島は、

海の正倉院とも呼ばれ、女人禁制で

何人たりとも勝手に立ち入ることの出来ない神の島です。

 

 

沖ノ島

 

ちなみにこちらの「神宿る島」の沖ノ島の

かなり精巧な磐座や発掘品の復元模型が、

千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館にて見る事が出来ます。

すごく良く出来ていて、かなりインパクトがありました。

この博物館の古代の展示がすごく良いです。

オススメ!

(★2019年2月24日(日)は、天皇在位30年記念で入場無料になるそうです!)

www.rekihaku.ac.jp

 

 

 

 

 f:id:nekosippona:20170712131013j:image

 

日曜の午前に辿り着いた房総の沖ノ島は・・・・

なんとクルマがすごい長さに連なっていて、

とても島まで辿り着ける気がしない。

 

なにか異常に観光地化してる場所のような気がして、

あきらめて次の廻りたいポイントに早々に切り替えました。

 

着いた所は房総半島最南端に程近い、

根元海水浴場。

キャンプ場にもなってるので、

まずはベースキャンプを設置しようと思っていたのですが、

まだ営業前でトイレはあるけど水がない。

しかも全く木陰と日陰がない。

キャンプは水場とトイレ場所が確保出来なければ

設営が困難なのでここは見送りにしたんですが、

浜はキレイで目当ての岩場もあり、

人もほとんどいないので、も〜待てない。(笑)

『とにかく入ろう。』

 

これが当たりでした。

白い砂地の海底と岩場の廻廊、

そしてすごい海藻繁茂する場所と、変化に溢れていました。

まあ写真を撮るヒマもなく遊んでいたので、

写真はない。ゴメンでし🙂

 

そしてそこから良さげなキャンプ場を探して

検索したりして、

館山シーサイドビレッジのキャンプ場に滑り込み。

日曜だけあって、他に1組しかおらず、

テント持ち込み一人一泊¥2000円と、車一台1日¥1000×2日で¥2000。

トイレは建物内、お湯シャワー¥500。

ただここも木はありますが、木陰がない。

下は土なので、夜間早朝は夜露で結構ドロドロに。

建物ではオバケ屋敷のイベントもあるそうですよ。

旧校舎のような建物のトイレとか、いかにも出そうな感じです。🙂

 

 

沖ノ島は2年ぐらい前から人がすごくて

入場料がかかるようになり、入場制限があるのだとか。

翌日は月曜なので人が多くなる前の早朝に入り、

たくさんになったらすぐ移動しましょうということで、

この日は車で走りながら地形を見て、

ここは入ったら絶対面白そう!

という場所の当たりをつけて、他の海岸で泳いだりしました。

 

夜は満月なので海岸でコーヒーでもと思ったんですが、

曇ってしまって早目に就寝。

 

 

翌朝4時半ぐらいから起き出して、

野菜のコンソメスープとパン、ナスの炒め物とコーヒーで朝ごはんし、

さっそく昨日諦めた沖ノ島へ。

人が少ない時間がやっぱり良いですもんね。

 

 

f:id:nekosippona:20170712134630j:image

 

なんと!!!!

人が全くいない!

貸し切り状態だああああ

やったあ

 

 f:id:nekosippona:20170712210121j:image

 

まずは森のなかの鎮守の神様にご挨拶。

 

f:id:nekosippona:20170712210349j:image

 

宇賀明神。

 

元は倉稲魂神と弁天が勧請され、

そして宇賀の神とは白い蛇のことだそう。 

 

島の反対側は視界が開け、

岩と砂浜の素晴らしい海が広がっていました。

 

曇り空の中、待ちきれずさっそく海中に

踊り込むY氏。

 

f:id:nekosippona:20170712212208j:image

 

f:id:nekosippona:20170712212055j:image

 

f:id:nekosippona:20170712215548j:image

 

f:id:nekosippona:20170712212354j:image

 

f:id:nekosippona:20170712213341j:image

 

大潮で、どんどん海が引いていきます。

 

f:id:nekosippona:20170712213531j:image

 

きれい〜〜。

 

 ここから下は、Y氏の水中カメラの映像をお借りしました。

 

 f:id:nekosippona:20170712213850j:image

 

ちゃぷん、

と水に潜ると

 

f:id:nekosippona:20170712214016j:image

 

そこはグランブルーへの入り口。

 

f:id:nekosippona:20170712214135j:image

 

いつも玉になってるゴンズイの群れや

 

f:id:nekosippona:20170712214316j:image

 

タコノマクラ。

 

f:id:nekosippona:20170712214447j:image

 

ムラサキウニと 

 

f:id:nekosippona:20170712214555j:image

 

サザエがビックリするほどすごい数暮らしていて、

荒らされていない、豊かな海。

 

f:id:nekosippona:20170712214803j:image 

 

触っちゃいけないガンガゼ。

よくよく見ると、向こうもこっちを見ています。(笑)

 

f:id:nekosippona:20170712215133j:image

 

カラフルなベラや、

 

f:id:nekosippona:20170712215637j:image

 

いつもどこでもとっても目立つルリスズメダイ。

  

  

f:id:nekosippona:20170712225228j:image

 

 

面白いものはいねがあ

 

f:id:nekosippona:20170712225416j:image

 

プクプクプク・・・

 

ここ沖ノ島は、サンゴ礁の北限で

海流が南北で違い、植生も南と北とでは違うのだと

地元の方が教えてくれました。

 

f:id:nekosippona:20170712225534j:image

 

ゆらゆら揺れる花のよう。

 

f:id:nekosippona:20170712225619j:image

 

わあ、松葉にソックリなイソギンチャク!

 

f:id:nekosippona:20170712230519j:image

 

き、君はゴンズイの大きなやつなの・・・!?

指を出すとツンツンして来て人懐っこい。

 

そしてそして、

 

f:id:nekosippona:20170712230721j:image 

 

自分の食べた貝の殻を被って、目玉だけキョロキョロ。

タコはっけ〜〜ん‼️‼️

見逃さないよ〜〜😆

しばらく遊んだら、墨を吐いてピューッと脱出。

追っ掛けっこしました〜。

 

f:id:nekosippona:20170712231022j:image

 

ホラ貝みっけ。

 

 

 

この他にもキラキラ光る何百ものイワシの稚魚の群れや、

クサフグの稚魚の群れ、タカノハダイや大きなブダイなど、

本来の汚されていない豊かで美しい海は、本当に竜宮城のようです・・・。

 

 

f:id:nekosippona:20170712231749j:image

 

久しぶりにモリを持たずに海に入って、

魚たちがとても懐こく、こちらに狩りをする気がなければ、

好奇心を持って近づいてくることに、

改めて心に響くものがありました。

 

命のやり取り、そしてお互いに生きて出会えたこと。

 

f:id:nekosippona:20170712234051j:image

 

船越鉈切神社

縄文人の遺物の発掘された洞窟が祀られています。

 

 

f:id:nekosippona:20170713221108j:image

 

時空を超えるトンネルのように見える参道。

 

 

f:id:nekosippona:20170713215435j:image

 

ここですね。

 

 

通りすがりに一瞬目に入ったこの神社の名前と、

洞窟の看板に惹かれて訪れたのですが、

もっと興味深いことに

道路を挟んだ反対側の海側に、

ここと対になる磐座の御神体を持つ、

海南刀切神社と言う、これまた不思議な名前の神社があったのです。

 

f:id:nekosippona:20170713220512j:image

 

f:id:nekosippona:20170713220855j:image

 

f:id:nekosippona:20170713221009j:image

 

f:id:nekosippona:20170713221303j:image

 

なるほど、

ご神体はまるで刃で二つに断ち切ったような大きな磐座です。

 

とてもとても、興味深い。

ここは一体、どんな場所だったんでしょうか。

 

 

そして最後に偶然にも辿り着いた不老薬師温泉で、

ここがあのリュック・ベッソンの映画、

グランブルーの主人公のモデル、ジャック・マイヨールが晩年を過ごし、

愛した場所だったのを知りました。

 

f:id:nekosippona:20170713224548j:image

 

 

これだけ豊かな海だもの・・・

わかる気がする。

 

ちーば侮りがたし。

 

まだまだきっと隠れたワクワクが・・・

きっとある、はず。(笑)

 

実は房総の先端に行くのは、思わぬ時間がかかるのですが、

キャンプ場もいくつかあり、

またじっくり時間をかけて、この辺りを探索しつつ

見聞を深めたいです。