おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

アウトドア

北アルプス薬師岳の母子グマ。

ちょっと前ですが、 北アルプスの薬師岳で母子のクマに会いました。 薬師岳はその雄大で巨大な山体で、 飛行機の窓からも一目でわかります。 いつものように折立から、この時は5時間以上かけて太郎平まで、 沖縄の仲良しのお客さまたちとゆっくり登ります。…

ソーラーランタン。ゲットしました!!

ソーラーランタン キャンプのとき、昔はガスのランタンが一般的で、 中のマントルを空焼きしたり、壊さないようにしたりと結構扱いが難しかったのと、 荷物になるので私は 「ランタン必要ないな〜〜 ヘッドランプをテントの中で上から吊るせばいいし。」 と…

キャンプイン一ノ瀬高原。

さあて、甥っ子のキャンプデビューはどこがいいかなあ? 一応ちゃんとしたキャンプ場で、なるべく人がいなくて何もない野営場がいい。 川が近かったりするともっといい。 と、言う事で友人夫妻もお誘いして、 近くて遠い【一ノ瀬高原キャンプ場】にやってき…

霊峰白山。天空の花園

霊峰白山山頂 翠ヶ池 富士山・立山とともに、 日本三大霊山と呼ばれる白山。 富山・石川・福井・岐阜の四県にまたがる両白山地の中心であり、 その最高峰です。 716年に修験者泰澄が36歳で初めて登頂し、開山したと伝わっています。 8年後に白山山頂で…

カタクリと桜満開。2021年の春の低山

高尾山山頂 3月末、カタクリと桜の山を見るために、 お客様と関東の山に行ってきました〜 山嶺から見る桜 今年は観測史上もっとも早い桜の開花だったそうで、 3月11日の広島の開花宣言に始まり、 12日福岡・東京・松江・長崎と開いて行って、 私のいる…

錦秋の鳳凰三山。

秋と言って思い浮かぶのは、 南アルプスの鳳凰三山。 夜叉神峠からゆっくり2泊で、 秋の紅葉と青くて高い空と白い岩山を愉しむ。 紅葉の樹林帯を行く 今回のルートは南から北へ、 登山口→夜叉神峠→南御室小屋→砂払岳→薬師岳→ 観音岳→赤抜沢ノ頭→地蔵岳→鳳凰…

仁右衛門島。ちーば探険隊

海が・・・、キレイーーーーーーーー!!!! 昔この小さな島を目にしたときに、あまりの美しさに いつか必ず行きたいと思った千葉県鴨川市にある 仁右衛門島。 にえもんじまと読みます。 このあたりは、空も海も本当に美しくて、 ため息が出そうなくらいな…

宝石のような青い湖水とブルーポピーと白い馬の国。

世界には信じられないような美しい場所というのが、本当にあります。 宝石のような青い九寨溝の湖水 中国の四川省九寨溝の自然は、 ほんとうに圧倒されるような美しさを内蔵しています。 四川省の首都、成都から450km、車で8〜10時間以上かかる アバ・…

高知の旅。巨大サンゴの森と磐座と竜宮神社と柏島

地元で白サンゴと呼ばれている巨大サンゴ めっちゃ暑いですね! 関東は梅雨明け前の7月の後半、 いままで行ったことの無かった高知県の南端に、 友人が引っ越したのもあって遊びに行ってきました〜〜! 高知県南部のGoogleマップ まるで土地勘のない場所で、…

世界でいちばん天空に近い場所。

今週のお題「遠くへ行きたい」 コロナ自粛もどうやら本日で全面解除になりました!! 新型コロナウイルスの蔓延という、 数百年に一度の大変化によって 人間の経済活動が強制的に停止させられ、 海や川や大気に大きな変化が起こった今、 私たちの活動や生き…

京都トレイル。ひそやかな場所 1

古都京都。 日本の歴史の中で、ながく繁栄を極めた歴史の都。 人の数だけの無数の深いドラマと、 伝説と、魑魅魍魎と、情念と、不思議と、 そして実は、色濃い自然と人との関係の上に築かれてきた場所なのです。 伏見稲荷神社の千本鳥居 この伏見神社を基点…

青と赤のオッドアイ。雌阿寒岳

北海道阿寒湖の南西にある 雌阿寒岳(めあかんだけ)。 じつは阿寒岳と名のつく山は二つあり、 阿寒湖のすぐ東にある雄阿寒岳(おあかんだけ)と この雌阿寒岳(アイヌ語でマチネシリ)が あるのですが、普通阿寒岳と言ったらこの雌阿寒岳を指しています。 …

エメラルドグリーンの火口。蔵王縦走

エメラルドグリーンの蔵王の火口湖 蔵王山。 かつては火の山として恐れられ、 大和国の吉野から蔵王権現が勧請されたことで、 西の出羽三山に対し東の蔵王として、 水神や農業神として信仰を集めた霊山。 荒ぶる火の山は現在、 火口にまるでエメラルドグリー…

驚くほど美しい房総の海。鵜原海岸

2019年9月の初め。 忙しくてなかなか島キャンプに行けず、 日帰りでもいいからキレイな海に浸かりたい!!! と思いたって、地図で目星をつけて突然やって来ました 鵜原海岸。 うわあああ 海岸に白い鳥居が・・・。 9月に入っていたせいもあるのか、 人が少…

雪のあだたら山、くろがね小屋。

あだたら山にはくろがね小屋という小屋があります。 2019年3月末の、あだたら山の様子です。 山に入るとまだまだ雪が深く、 山の春とは、地上と違ってまったくの雪山。 無雪期のあだたら山は、誰もがのんびり景色を楽しみながら登れて、 ロープウェイを使え…

巨樹と山と海の森、御蔵島。MIKURAJIMA

東京都伊豆諸島、御蔵島。 船さえ出れば100%イルカと出逢える、 その厳しい自然環境ゆえに守られてきた 世界でも珍しい自然の楽園です。 御蔵島と言ったらミナミハンドウイルカ!! なんですが、今回はあまり人に知られていない、 島の深い神山のお話で…

絶海の孤島、青ヶ島 AOGASHIMA。

さいきん海外でも評判の青ヶ島。 渡るのが非常に難しい、東京都のまさに絶海の秘境です。 青ヶ島は、日本国内でもっとも人口の少ない市町村で(原発事故の避難区域除く) 現在の島民は180人を切っています。 しかもなんと火山活動ランクCの活火山で、 常時観…

雲上の楽園。 初心者におススメの山、那須茶臼岳・朝日岳

あっつ~~~!!!! 梅雨の晴れ間の32℃。 ぐんぐん気温が真夏なみに上昇中です。 みなさんだいじょうぶですか~~~? つい先週の曇天小雨の中、 那須岳にお客様とご一緒して来ました! 那須茶臼岳は、有名な強風の吹き荒れる山で、 ロープウエイから山…

あっという間の5月の声。セッコクランの高尾山

このようなポンコツブログをわざわざ見に来てくださる神様のような皆さま、 大変ご無沙汰いたしました! うかうかしてたらもう6月の声が聞こえ、 梅雨入りも目前になってしまいました。 なかなか調子も上がらず、 モチベーションも上がらないままだったんで…

吉高の大桜と松虫姫の寺。 ちーば探険隊。

うかうかしてブログ更新遅れてたら、 関東の桜はあっという間に散ってしまいましたww 先週始め、「吉高の大桜」がついに満開に。 千葉県印旛村にある、樹齢300~400年のヤマザクラ。 印西市の天然記念物に指定されているそうです。 昨年の記事にした、松虫…

大雪の春分の日。 冬と春の別れめ

今週のお題「お花見」 これ、先日のびっくりするほど大雪の 春分の日の富士山の麓の樹海(上の写真)と、 その翌日の千葉県の東京寄り(下の写真)の様子です。 日本ヤバい(*´Д`*) あまりの違いが、おもしろ不思議すぎます。 距離的にはそんなに離れていな…

雪と氷のオオカミの山。

2月最後の日。 やってきました、雪と氷に包まれたオオカミの山。 翌日から雨の予報で気温が徐々に高くなっていく まさに境目のこの日。 オオカミが子育てをしたり、 縄文人のキャンプ痕があったというこの地。 以前より伐採が進み、手が入り始めた感じがし…

この冬最後の氷瀑、最高の一日。

都内近郊で最後の氷爆、 見てきました。 もうかなり溶けてきているだろうな~~~と ちょっと危ぶんでいたのですが、 逆にこの瞬間しか見れないであろう 消えていく氷と雪の見たことないぐらいの美しさと 出会うことが出来ました。 水の綺麗さ。 青い水面が…

天空の城ラピュタ!鋸山チャレンジ冒険ルート。

ふわ~~~、なにここ・・・・・。 まるで古代の石の回廊・・・。 最初からわくわくが止まらない。 またもやってきました房総半島。 のっけからロープセクションの足場の悪いザレ。 巨岩のトンネルをくぐったりして、 辿りつくのはまるでラピュタのような・…

めったに見れない氷の世界。 氷瀑を見に行こう!オススメ軽アイゼンはこれ!!

サク、サク、サク、サク 真っ白くて軟らかい雪の上を歩くときの感触と音。 なぜなのか分からないけど、すごく楽しい・・・・。 立春過ぎて毎日寒さが厳しいですね! こんな時こそ寒さの極み、 雪と氷の創り出す本物の芸術が見られる 数少ないチャンスです♪──…

戌年の山登り。伏姫と八房・南総里見八犬伝の山と房総のマッターホルン

いや〜〜、いい眺め!!!! 房総の海が見えます、きれいい・・・。 事の始まりは先週のこと。 親しい友人夫妻と近場を散策していたら、 赤い山門が美しい・・・。 (この石段がひとつだけ、いつも濡れてるとつい最近TVで出たそうな) 市川にある真間の手古…

フォッサマグナの境目で、アメリカとユーラシア大陸を股にかけた話し。

前回チバニアンの記事を書いたので、 (その勢いあまって)フォッサマグナをまたいだお話です。 右足に北アメリカプレート、 左足にユーラシアプレート。 世界を股にかける・・・・・ そうここは 新潟県の糸魚川・静岡構造線!!!! 聞いたことはあるが誰も…

2018年最初のちーば探検隊。房総半島の真ん中チバニアンの周りを歩く

ちーば探検隊、2018年の旅初め。 養老渓谷 中瀬遊歩道 約1.2km 一気に知名度の上がったチバニアン。 77万年前の、S極N極の地場逆転現象の痕跡を顕著に残す 千葉県市原市にある地層の崖。 およそ2年前、それまでほとんど縁のなかった 房総の森に入…

2017年最後の日。明日はどっちだ~~!!!とイエティの頭をみた話

今週のお題「2018年の抱負」 あっという間に2017年最後の日となりましたネパールよりこんばんは!!! (ウソですww今年は行ってません) 来年ブームが来そうなここちーばは、 昨夜から頭がしびれそうな寒さをようやく迎えました。 きっとあと数時間の除夜…

山が好きなら一度は行ってみたい、憧れの裏剱仙人池。

きれいですね・・・。 ここは北アルプスの仙人池。 鏡写しに姿を見せているのは、剱岳です。 よく映像などで見られる剱岳の ちょうど裏側にあたるので、 裏剱(うらつるぎ)と呼ばれています。 ここでしか 見えない北アルプスの難峰中の難峰、 剱岳の裏側は…