おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

初心者オススメハイキングとガスバーナー。鶴寝山からオオマテイ山

今週のお題「紅葉」

 

昨年アップしそこなってしまった紅葉ハイキング。

 

f:id:nekosippona:20191125214653j:image
f:id:nekosippona:20191125214637j:image

 

2018年の秋で、

思わぬ当たりだったのが、

この鶴寝山からオオマテイ山の縦走ハイキングでした!!

 

とにかく人が少なくて紅葉がキレイ・・・・。

 

お天気に恵まれて、お客さんたちも大喜び!!

 

しかもバスを使えば登山時間もすごく短い山なのです。

 

 

f:id:nekosippona:20191126204732j:image

 

多摩源流小菅の湯を基点に、上野原駅からバスで松姫峠まで行き、

また小菅の湯まで戻ると帰りの温泉も楽しめる紅葉ハイキング、

足に自信があれば、大菩薩嶺から小菅の湯まで縦走してくることも出来ます。

 

f:id:nekosippona:20191126203004j:image

 

 

松姫峠まで上がっていくときは、

それほど紅葉していないように見えたんですが、

稜線からは素晴らしく美しい紅葉が。

 

松姫峠までは、本数が少ないですが上野原駅からバスもあり、

WCもちゃんとあるので安心です。

 

ここは松姫伝説のある場所なのですが、

どうやら松姫が実際に逃げたという場所はもう少し違う場所のようです。

 


f:id:nekosippona:20190204182559j:image

 

20分ぐらいゆるゆる坂を登っていくと、

すぐに鶴寝山の山頂です。

あまり山頂っぽくはないんですが(笑)

 

f:id:nekosippona:20190204213102j:image

 

そして眺めのいい南斜面を少し行くと・・・・

 

f:id:nekosippona:20191125214616j:image


f:id:nekosippona:20190204212918j:image

 

大マテイ山は、展望はなく

ちょっとルートが分かりにくいところもありますが、

人は少なく日が当たれば、

のんびりゆったりお昼を取るのにピッタリの場所です。



f:id:nekosippona:20190204212912j:image

f:id:nekosippona:20190204212954j:image
f:id:nekosippona:20190204212959j:image


非常に歩きやすいハイキングルートではありますが、

山頂とモロクボ平に不明瞭なところがあること、

高指山の手前の登山道が狭くなっている場所で、

この2日前に滑落死亡事故が起きていますので、 

どんな場所でも思い込みで歩かないように気をつけて下さいね。

 

美しさも恐さもあるのが自然です。

しっかり準備して、

思いっきり短い秋を楽しんで下さいませ〜〜

 

 

          

 

先日のブラックフライデーで、山屋のお宝ブラックダイヤモンドのギアが

安くなってるかな〜〜と思ったんですが、そうでもなかった・・・。

キャンプ用ストーブが安くなるといいですね!

 

ちなみに私のオススメはコレ。

 

f:id:nekosippona:20191126212046j:image

 

ソロの時や救急セットにも入れてる イワタニプリムス P-153 ウルトラバーナー

スノーピークの超軽量チタンコッヘル(カップ付き)に

万が一用のライターとともにスッポリ収まって、

しかも着火装置付きのスグレモノ。

 

 

     

    PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

 

ガスバーナーってみんな同じように見えると思うんですが、

使ったり実際触ったりすると、全然違うんですよ。

五徳の部分が不安定だったり、短すぎると鍋が倒れたりしてダメ。

ジョイント部分が適当だとグラグラしてきてダメ。

 

あと着火装置が壊れて、山道具屋で直せないから買い換えろって

言われたという方がいましたが、ヒドイ・・・・。

ちゃんと取り替えききますので。 一体どこの山道具屋だ!?(怒)

 

で、さすがイワタニさんはこんなのも出してました〜〜

 

      

    イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

    

 

これ普通のカセットボンベがセット出来るタイプですね!!

お値段も手頃。

万が一のサバイバル用にもイイですね!

 

カセットボンベ(スプレー缶型)OB缶

山用ガスボンベ(漏斗を逆さまにした型)OD缶

 

実は中身は3種類のガスが液化されて入っていて、

どこで使うかで火力が違う配合もされているんですが、

山用のOD缶の値段が高いのは、缶が高所や寒冷地で使えるように

工夫されているからなんですね。

なので冬季雪山用のガスボンベはかなりお値段が高めです。

 

中身がそれほど変わらないなら、

アウトドアでもカセットコンロが使えたらとってもお得。

というわけで、昔は韓国製しかなかったガスを詰め替える道具を

みんな争うように買っていた時代があったりしたのです。

遥か昔のことのようじゃのう・・・

 

 

それとガスボンベを安定させる脚台。

どのサイズにもフィットする作りです。

 

       

    PRIMUS(プリムス) ガスカートリッジホルダー レッド PCHR

 

 

あと上の私が使っているコッヘルは、

スノーピークのチタン製で、調べたら今はもう売っていないみたいで

一番近いサイズはこれですが、もう少し小さめです。

 

                       

 スノーピーク(snow peak) クッカー ソロセット 極 チタン SCS-004TR

    

 

あと本当は風防があると燃料も無駄にならず、

早く温度も上がり、風があっても火力が安定するのでベストですね。

 

       

Etpark 風除板 ウインドスクリーン 折り畳み式 防風板 アルミ製 10枚 延長版 軽量 収納袋 付き

 

こういう奴ですが、これは実際使っていないのでなんともですが、

厚めのアルミで自作も出来ると思います。

私はMSRのものを使っています。

 

        

  MSR ヒートリフレクターウィンドスクリーン 36650 【日本正規品】

   

 

これの底のないやつですね、

畳んで使っているうちに汚れたりボロボロになりますが(笑)

何しろ軽いのがイイですね。

ただどのサイズのコンロを使って、どのサイズの鍋(コッヘル)を

かけるかで大きさが違ってくるので注意です。

     



ハイキングでガスを使って美味しいコーヒーや

ご飯が食べられたらもっと楽しい。

今までとは違った景色が見えてきて、

アウトドアでの充実感がまったく違ってくると思います。

 

キャンプに行けなくても、

お天気のいい日に大好きな人と紅葉見ながら

まったりコーヒー。

 

無理に話をする必要もないし、

空と景色があって、あったかい飲み物や食べ物があれば

それで幸せ。

何千年も前から変わらない、人間の原初の幸せだと思います。

 

 

 

www.nekosippona.com

  

www.nekosippona.com

 

www.nekosippona.com

 

www.nekosippona.com