おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

石裂山と紅葉の加蘇山神社。

「足が治ったら石裂山(おざくさん)に登らなくっちゃ」

 

龍が滝

龍が滝


前回たまたま寄ってから、

ずっと行きたかった石裂山。

 

www.nekosippona.com

 

 

龍ヶ滝休憩所

龍ヶ滝休憩所



千本桂の巨樹

千本桂の巨樹



中の宮と行者返しの岩

中の宮と行者返しの岩



先行者の方を撮らせてもらっちゃいました〜!

先行者の方を撮らせてもらっちゃいました〜!



行者返しの岩

行者返しの岩

 

結構逆層スラブっぽいですね。



上から見た中の宮の東屋

上から見た中の宮の東屋



奥宮への梯子

奥宮への梯子

 

前回温泉の途中でここまで来たんでした〜〜!!!

 

ヤシオツツジの咲く頃にまた来ようと思いつつ、

あれから手術をすることになって、

ようやく来れましたすでに2年経っておった・・・。

 



洞窟に祀られた奥宮

洞窟に祀られた奥宮

ようやく来ました!

奥宮



奥宮



奥宮



奈良〜平安時代にここを開いた勝道上人

こんなところで修行したの凄すぎでしょ・・・・。

 

さあ、ここからがいよいよお楽しみです。

 

なかなかの急斜面がずっと続きます。

なかなかの急斜面がずっと続きます。



いきなり岩のてっぺんにハシゴが・・・

いきなり岩のてっぺんにハシゴが・・・



こんな感じの道がスッパリ切れた高所で続きます。

こんな感じの道がスッパリ切れた高所で続きます。

 

鎖がつけられないような場所にトラロープがありますが、

基本は掴むための物ではなく切れやすいものなので、使う時は気をつけて。

 

 

だんだん標高が上がって来ました。

だんだん標高が上がって来ました。


いい眺め!

 

標識が刺さってる

標識が刺さってる

 

ここからイキナリのものすごい下りが始まります。



細尾根の下り

細尾根の下り


アップダウンが続きます。

 

東剣ノ峰

東剣ノ峰

 

このルートはどこで転落しても一巻の終わりですが、

ぜんぜんハイキングルートじゃ無いよね〜〜!?



長梯子の連続の下りが出現!

長梯子の連続の下りが出現!

 

 

いやこのルート整備した方々が凄いんですけど〜〜。

いやこのルート整備した方々が凄いんですけど〜〜。



西剣ノ峰

西剣ノ峰

 

そしてここが曲者の西剣ノ峰

この標識が道から見えづらく、気付かずに通りすぎてそのまま登山道辿っていくと、

下りが続いているように見えるのですが、

下ってはいけません。

展望台ってなってるけど、そんな広さも無い

ただの道です。

 

枯葉でかなり滑りやすい急な踏み跡や、

ちょっと迷い込みそうな箇所もあるので重々注意が必要です。

 



石裂山山頂

石裂山山頂

 

この日は急激に気温が下がって風も強く、

結構な寒さなので稜線では休憩しない事に。

手を使う場所が多いので、滑りにくい手袋が必須です。



修験のお札と山頂の景色

修験のお札と山頂の景色

 

大きな白い岩が登山道に

大きな白い岩が登山道に

 

山頂から15分ほどで月山に到着です。



月山山頂

月山山頂

 

歩行のデータ取ってたんですが、

ここで11時11分にいきなり携帯の電源が落ちてびっくりしました。

なぜに?



鳥居をくぐって龍ヶ滝に向かいます。

鳥居をくぐって龍ヶ滝に向かいます。

 

ここからもまた急な下りですが、

奥宮からの上りよりは岩も少ないので、

奥宮側から登る(左回り)のがやはり良いですね。

逆だとすれ違い困難なのと、滑落の危険が増すと思います。



キレイな紅葉が。

キレイな紅葉が。



輝く紅葉



また鎖場岩場があります

また鎖場岩場があります



溜まった枯葉が滑りやすい。

溜まった枯葉が滑りやすい。



最後の岩場鎖場

最後の岩場鎖場

 

こっち側から登ったら、ここはかなりルートが分かりづらいですね。

 

紅葉の絨毯

紅葉の絨毯

 

急峻な谷間を下ります

急峻な谷間を下ります



来たところを振り返る。

来たところを振り返る。



せせらぎが出て来たらもう少し。

せせらぎが出て来たらもう少し。

 

ぐるっと回って龍ヶ滝休憩所の東屋に着きます。

ここまでバス停から出発して3時間切るぐらいでした。

コースタイムだと3時間45分、休憩入れて4時間といったところでしょうか。

帰りのバスは14時55分しか無く、2時間以上あるので

神社でゆっくり過ごそうと思います。



良いお天気ですが、寒気が入って寒いです。

良いお天気ですが、寒気が入って寒いです。



清滝

清滝



巨樹の間の奥宮への道

巨樹の間の奥宮への道



加蘇山神社本殿

加蘇山神社本殿



本殿にかかる紅葉が見事でした。

本殿にかかる紅葉が見事でした。



手水舎



 

 

加蘇山神社の入り口

加蘇山神社の入り口



分かりやすい地図

分かりやすい地図



ひっそりと草の中で微笑む

ひっそりと草の中で微笑む



そうですよね。ハイキングコースはマズイんじゃないかなあ

そうですよね。ハイキングコースはマズイんじゃないかなあ

短時間のコースなので、

割と運動靴とか軽装でこられる方が多いようですが、

前記事でも書いたように、「栃木県で1・2を争う危険な山」でもありますので、

ゆめゆめ遅い時間に入ったりしないように。

運動靴・地図なしの方が結構いますが、危ないと思います。

あと携帯は圏外です。

ハイキングコースでは決してないので、

気をつけて楽しんでくださいね。

 

 



野生動物注意の看板



サル注意



 

神社前バス停の時刻表

神社前バス停の時刻表