おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

地獄堂霊界通信第12巻、新刊ゲットしました〜〜!!!

地獄堂霊界通信12巻新刊が9月7日に発売されました〜〜!!!

 

地獄堂霊界通信12巻表紙



 

『人間はいずれ絶滅する』

 

 

新刊がまだ継続して出ていたこと、(知らなかった・・・!!!)

今回がファーストシーズンの完結編だったこと、

そして地獄堂のオヤジの正体がわかったこと、

 

そして私は10巻と11巻を手に入れられない(未読の)まま、

12巻に突入したこと・・・!!!

 

 

いろいろ衝撃だった今回の新刊発売。

 

そしていちばんインパクトがあったのが上のセリフでした。

 

香月作品は人間のやって来たことに非常にシビアな目線で

これから先に起こりうることを暗示したシーンが数多く出てくるのですが、

そんなところも私自身のものの見方と重なって、

何とも言えない気持ちになります。

 

まあちょっとうるさいと思う方もいらっしゃるとは思うんですが、

香月さん、同じ視点を持ってらしたんだなあといつも感じます。

そしてみもりさんの絵とキャラクターが本当にステキです。

 

 

以前も書きましたが、香月作品には共通してある姿と特徴を持つ人物が登場します。

ヒエロゾイコンという魔道書を操る強力な魔道士。

そして長い黒髪を持つ霊能力者。

まさかこの作品でも出てくるとは・・・ってか、

超メインキャラクターの位置付けでしたね。

 

この巻で非常に魅力的だったのは、

【天界・冥界・地獄】というものが、

私たちが普通にイメージするものとは違うという設定でした。

 

  • 「神や天界は、地上や人間が滅ぼうが、些細なことでまったく興味がない。」
  • 「無数の次元と天界や冥界を動かし、保っているエネルギーが魂。」
  • 「魂は冥界を中継点として、様々な次元と世界を循環する。」
  • 「天国・天界だけはエネルギーの循環から独立している高エネルギーの世界で、
  •  基本的に他の次元のことなど知ったことではない。」
  • 「死神と天使は同じ冥界や天界への仲介者・案内役という存在。」
  • 「天界が地上に干渉するのは、質の良い高エネルギーの魂を連れて行く時だけ。」

 

そして堕天使と言われるルシフェルだけが、

神とその命令のみを至高とする固定された世界から、

人間を救おうという気持ちを抱いて飛び出したため、

はみ出し者として「悪魔」の汚名を着せられたというものです。

 

これものすごく昔から惹かれる話で、

ルシフェルという天使は、神の右座を許された大天使で、

別名を「明けの明星」と呼ばれ、神からもっとも愛され、

自分が神になりたいという欲を持ち、天界と争い、

悪魔となって人間をたぶらかしているというのが通説なんですが、

何かずっと違和感があったんですよね。

 

 

原作読んでないので、(コミックス終了するまで絶対に読まない所存)

この後に続くセカンドシーズンが超楽しみです!!!

 

             

地獄堂霊界通信(12) (アフタヌーンコミックス)

(電子書籍とコミックスとありますので、ご注意下さいませ〜〜)

 

ずっとあまり新しい本とか買ってなかったんですが、

このコミックスを読み始めて、書店で購入しようとしても

もう在庫がどこにもなく、

よほどの重版がかからない限り、もう手に入らなくなってしまうのだと知りました。

作家さんたちや編集さん、出版に関わる方たちに作品の対価が

手渡されなくなってしまうのだという事をヒシヒシ感じました。

 

なのでファンは待ち構えて予約して新刊を手に入れるというのが、

もっともクリエイターの方々を支える方法なんですね。

まあみなさんそんな事はとっくにご存知だったかと思うんですが。

正直私はあまり意識していませんでした。

 

昨年たまたま図書館で香月作品に出会ってから、

初めてコミックスを読んで、この漫画のファンになったので、

原作者の香月先生はこのコミックスの連載中に亡くなっており、

作画のみもりさんも途中で体調を崩されたとの事で、

余計にファンが作品を支えねば・・・と思った次第です。

 

ゴッホとか、亡くなってから作品が世に広がった人も

あとほんの数年、早い巡り合わせがあったなら・・・と思ったりします。

 

ちなみにすごーーく嫌な事が続いて、

捌け口が無くなったときに、

久しぶりにこの作品を読んだら、心が洗われた感じで

軽くなりました。

泣くって大事。

 

 

www.nekosippona.com

 

 

www.nekosippona.com

 

 

私の香月作品はここから始まりました・・・!!! 

www.nekosippona.com