おきらくごくらく。

山と自然と不思議。日常のあれこれの雑記ブログ。

コロナは風邪ですか?

鬼瓦の蓋

 

 

先日仕事で山に行った時のこと。

 

小屋についてお客さんもそれぞれのスペースに収まり、

少し離れた梯子の上の屋根裏スペースで、今回初めて会った女性スタッフ

(なんと長年やってて初のほぼ同い年)と翌日の行程や天気などの話をしている時、

ある小屋がコロナでしばらく閉鎖することになったというニュースが入って来て、

 

「外国ではもうツアーも通常に戻っている。

 こんな事いつまでもやっているの、日本だけですよ。」

 

と言ったので、少し話をするとそれまでと打って変わってすごく硬い表情に。

 

「ひょっとして反ワクチン?」

 

と聞くとそうだと言う。

 

初めて実際に会ったわ〜〜〜〜

と思って、ちょっと話してみたんですが、

その内容が少し前にTwitterで、芸能人がフランスから発信していたそれとまったく同じでした。

 

海外ではすでにマスクもしておらず、完全に行動制限もなく、普通にしている。

つまりコロナってただの風邪じゃないの!

 

この図式ですね。

たぶん何一つちゃんとした情報を自分で調べていない。

 

ワクチンに関しては、実際に後遺障害も起こっているのと、

個人の体はそれぞれまったく違うので、

打てとも打つなとも赤の他人に言えないですけど、

同じように打たずに亡くなっている若い人や、コロナ感染後の後遺障害で

高校も退学するほどのひどい状態になっている人もいます。

 

治療師時代の友人や、自然療法に興味ありそうに見える人(この人もそうだった)ほど、

なんだか最初からワクチンに反対する人が多くて、

とてもビックリしています。

 

 

Twitterでフォローして来た人にいきなり

「ワクチン打つんですか!無責任な事言わないでください!!!」

とか噛み付かれたことも最近あって、問答無用でブロックしたんですが

なんなんですかねその思い込みというか狂気?

そんな事を知らない人に突然言う方が、

よほど無責任だと思いますけど。

頭おかしい。

ちゃんと医学的なデータとか内容を理解して、報告とか追いかけて調べてるんですかね?

エビデンスを出せ。

 

 

 

疎遠になってしまった友人は、

久しぶりに会った時に、コロナについてなんだか全くわからない事で絡んで来て、

やはり「コロナは風邪」と言っていて、

何を言っても「ネットの情報で踊らされてる」とか言うので、

話はまったく通じないし、自分の説を曲げないだろうし、

まあもういいか・・・ってなってしまいました。

長い付き合いだったんですが。

 

 

 

何回も言いますが、

コロナウイルスは風邪を引き起こすウイルスではありますが、

新型コロナウイルスは、風邪ではありません。

 

重症肺炎や全身性サイトカインストームなどを引き起こし、

次々に変異を遂げ、感染力・重症化共に強くなって来ているウイルスなのです。

(ただの風邪なら世界中でこんな騒動になっとらんわボケ💢心の声)

 

 

外国ではすでに行動制限やマスクなど解禁されていると言う情報をきちんと調べてみると、

なぜそうなっていて、それが本当は安全性とはまるで反対の理由からだったとしたら、

どうしますか?

 

 

まずTwitterにも出ていたフランスに関してですが、

「マスクしている人なんて一人もいない。誰も気にしていない。日本大丈夫か」

って医療関係者の死ぬ思いの努力をあざ笑うかのようなツイートで、

思わず反応してしまったんですが、

確かそのツイートの時のフランスのコロナ死者数は13万人だったんですが、

すでに何週間かで15万人に達しています。

 

フランス🇫🇷(人口6560万人) 感染者3330万人 死者15万人

日本🇯🇵(人口1億2560万人) 感染者1570万人 死者3万5198人

 

フランスの人口は日本の約半分、それなのにコロナ感染者は約2倍、

死者に至っては5倍近くにのぼります。

 

 

行動制限やマスクなしなら、今後もワクチンによる集団免疫を獲得するか、

ウイルス自体が弱毒化しない限り、

この数字は増え続けるでしょう。

 

 

もともとマスクに慣れている日本人と、そうではない欧米人、

そして日航ジャンボ機の墜落事件のように、指の1本、歯のひとかけらまで

遺体を探し出そうとする日本人と、

体にもう魂はないから、そのまま山の中に埋めておいてくれと言う米人家族のように、

死生観もまったく違うのに、

コロナに対する全ての対処を放棄した時に起こるであろう

その大量の死者と感染者の数字に、黙って耐えられるんでしょうか?

 

 

「感染したとしても、自分は軽い風邪で済む。あるいは感染しない。」

と言う根拠のまるでない前提は、

一体どこから来ているんでしょうか?

 

 

重症化しなくなっていると言うのもほぼほぼデマで、

この第七波で医療は完全に崩壊しています。

 

 

ワクチンに関する訳の分からない陰謀論が流布したせいで、

私の友人たちや姪っ子も反ワクチン派になってしまいましたが、

流した人たちはまあ正直言って地獄に落ちろと思いますね。

実際に何が起こるかが俯瞰できるのはもう少し先になるかと思いますが、

 

 

新型コロナウイルスは、感染しても抗体が出来にくい。

そこでカリコー・カタリン博士が数十年かけて開発した、

拒絶反応を引き起こさないmRNAワクチンは大量生産する事が出来、

全世界に多くのワクチンの供給が可能になった。

 

それまでのワクチンはウイルス自体を直接人体に投入する仕組みでしたが、

mRNAワクチンはウイルスの情報のみを人体に投入し、

それに反応してウイルスに対する抗体と免疫が作られる仕組みです。

 

 

 

そして【コロナは風邪派】の皆さんは、

行動制限の撤廃のみを自分に都合よく考えておられるのだと思いますが、

インフルエンザと同じに2類から5類への引き下げなどを声高に主張されていますが、

現在のところ2類相当のコロナの検査や入院など、公費負担とされていますが、

5類に引き下げになった場合、

 

PCR検査2万(3割負担6000円)

基礎疾患なしの中等症で入院5日間22〜27万(3割負担7〜8万)

 

となるので、皆さんお金持ちか【自分はかからない派】か【軽症で済む派】

なんでしょうね。

 

新型コロナの「2類相当」から「5類相当」への移行の是非は 5類相当になるとどうなるの? 現場の医師の見解 | 特集 | 報道ランナー | ニュース | 関西テレビ放送 カンテレ

 

そうそう焦らなくても、国は財政的に負担を減らすために

段階的に引き下げを狙ってくると思います。

それが行動制限とリンクするかは知りませんが。

 

インフルエンザの薬は2〜3千円、

新型コロナの薬は7〜8万円と、15倍の差があるそうです。

 

新型コロナ“2類→5類”でどうなる?懸念すべきことは…関西福祉大学・勝田吉彰教授(1)【岡山・香川】 | OHK 岡山放送

 

 

 

ちなみに新型コロナは風邪ではない証拠に、

何回でも感染を繰り返し、その度に重症化率と死亡率は上がっていきます。

一度かかったからでは済まないし、

ワクチンは重症化を避ける手段であると思っています。

 

私が最も心配しているのは、

新型コロナウイルス感染後の免疫です。

その人がもともと持っている免疫より弱まってしまうなどの問題が出ないかを、

非常に心配しています。

 

 

 

 

あと、今年イギリスではコロナの行動制限が撤廃され、

すでに感染者の報告の義務もなく

無料の大規模PCR検査すら取りやめ、

感染者の隔離義務なしという状況になっているようですが、

もともと何回かのロックダウンで経済の落ち込みと家庭内DVが増えすぎて

社会問題化し、ワクチン以外のすべてを諦めてしまう方向に舵を切りました。

 

イギリス🇬🇧(人口6722万人)感染者2350万人 死者18.6万人

 

なんとフランスより多くの死者が出ています・・・。

昨年まで対策はバッチリ、病室の確保も出来ていると言っていたのに・・。

 

 

イギリスの感染者数が非常に少なかったので、ピークがすぎたのか!?

どのように抑え込んでるのだろうと思っていたら、感染の報告の義務なしと言う

驚愕の事態になっていました・・・。

つまり報告されている感染者より、遥かに多くの感染者がおり、しかも隔離義務も無い。

医療関係者と感染者の悲鳴が聞こえそうです。

医療関係者のコロナ死者もものすごく多い。

 

 

最後に友人が教えてくれた菊池成孔さんと言う方のコロナ体験を貼っておきます。

 

ch.nicovideo.jp

 

 

私がワクチンを打つのは、これが大きな理由です。

できる事なら、なるべく人に感染させたくない。

たとえ自分が軽く済んだとしても、

他の人はそうではないかも知れないからです。

 

 

 

www.nekosippona.com

 

 

www.nekosippona.com

 

www.nekosippona.com