おきらくごくらく。

山と自然。日常のあれこれの雑記ブログ。

天空の城ラピュタ!鋸山チャレンジ冒険ルート。

f:id:nekosippona:20180219134842j:image

 

ふわ~~~、なにここ・・・・・。

まるで古代の石の回廊・・・。

 

f:id:nekosippona:20180219140303j:image

 

最初からわくわくが止まらない。

 

またもやってきました房総半島。

 

f:id:nekosippona:20180219140455j:image

 

のっけからロープセクションの足場の悪いザレ。

 

巨岩のトンネルをくぐったりして、

辿りつくのはまるでラピュタのような・・・・

 

 

f:id:nekosippona:20180219140638j:image

 

わあ、生命の樹みたいです・・・。

 

f:id:nekosippona:20180219140752j:image

 

遥か上に巨大なスズメバチの巣が。

あれ初めて見る相当おおきなサイズです。

たぶん私のひと抱え、体の幅よりあるハズ・・・・。

すごおい

 

f:id:nekosippona:20180219140845j:image

 

f:id:nekosippona:20180219141110j:image

 

ロープかけてくださった先人の方、

ありがとうございます。

使わせていただきました!

 

 

f:id:nekosippona:20180219141140j:plain

 

 

f:id:nekosippona:20180219141218j:plain

 

よっこいしょ

 

いや~~~ホントにおもしろい!!!

冒険心や探検心をすごく刺激してくれるルートです。

 

 

ここから落ち葉に埋もれた細い道が続き、 

まだまだ様々な変化のある急斜面を登り切り、

山頂から「地球が丸く見える展望台」へ。

 

 

f:id:nekosippona:20180219140948j:image

 

めちゃくちゃ暖かくて大展望www

伊豆半島や大島も見えます。

 

そして先日の富山も。

 

 

 

f:id:nekosippona:20180219141755j:image

 

 

さてここで終わりではありません。

冒険ルート自体は前半の1時間半~2時間ぐらいですが、

ここから絶壁の石舞台など、

見どころがたくさん。 

 

 

f:id:nekosippona:20180219141425j:image

 

まるでラピュタの廃墟です。

 

f:id:nekosippona:20180219141705j:image

 

崩落の恐れがあるので、あまり近付き過ぎないように。

岩壁にはクラック(ひび)も入って来ています。

 

 

f:id:nekosippona:20180219141914j:image

 

岩舞台。

放置されたブルドーザーや、

採石機械が、ますますラピュタ感を盛り上げてくれて、

シ―タ・パズ―・ド―ラが出現してしまったのは、

言うまでもありません・・・。

(遊びすぎ)

ずっとBGMにラピュタのテーマ曲が後ろから聞こえてきましたw(≧∇≦)♪

 

ここではコンサートなどが行われることもあるようです。

 

 

 

実はこの鋸山(329.4m)は、房州石と呼ばれる石の採掘場として、

江戸時代から1985年まで石を切りだされた歴史があり、

横須賀軍港・東京湾要塞・靖国神社や早稲田大学構内にも

使われているのだそうです。

 

車力道といわれる道は、石床がなだらかにカーブを描いて

えぐれており、重い切り石を積んだ車のわだちが残っていたりして、

ものすごい重労働だな・・・と思っていたのですが、

なんと当時は女性の仕事で、

一日3往復もしていたのだと聞いてびっくり Σ(っ゚Д゚;)っ

 

この山の本当の名前は、乾坤山(けんこんざん)

乾坤とは、天地。

その名前通りに迫力のある山容です。

 

f:id:nekosippona:20180219142205j:image

 

有名な地獄覗きの上に、人が見えます。

 

f:id:nekosippona:20180219142334j:image

 

なんかマチュピチュっぽくなってきたぞ・・・。

 

 

f:id:nekosippona:20180219142446j:image

 

f:id:nekosippona:20180219142544j:image

 

ものすごい絶景です。

まさに石の要塞。

 

たくさんの見どころをいくつも越えていくと、

 

f:id:nekosippona:20180219142718j:image

 

ふわっ、まるきりインカの遺跡・・・・・!

あの道はどこへ・・・?

 

 

f:id:nekosippona:20180219142816j:image

 

どれだけの石や人が通って、

いつ作られた道なのでしょうか?

歴史の流れを感じます。

 

f:id:nekosippona:20180219173311j:image

 

ここが鋸山と呼ばれるようになったのは、

石が切り出され、この要塞の様な、鋸の刃のような

姿になったからなんですね・・・。

 

鋸山へはロープウエイから日本寺の境内にアクセスし、

日本でいちばん大きな石の大仏や五百羅漢、

百尺観音という巨大な磨崖仏や地獄のぞきなど巡れます。

 

そこから山頂までは絶壁階段の急な登りなどが続きます。

日本寺の入山料は600円

 

 

房総の山は実は結構迷いやすく、

鋸山は派生ルートもけっこう多いので、

分岐点の看板などはしっかりありますが、

山頂に行かれる方は、山の装備をお持ちになることをおススメします。

 

山の装備とは・・・

①まずはトレッキングシューズなどの滑りづらく、防水性の高い靴。

②フリースなどの防寒着とレインウエア。

③ザックに飲み物と軽食。

④なるべくヘッドランプ。

 

以前、房総で遭難騒ぎがあったんですが、

実はとても分かりにくくて、特に人があまり入っていない所は

非常に迷いやすいです。

しかも標高は低いような気がしますが、

ほぼ海から立ちあがっている山なので、非常に急です。

ルートをはずして迷いこんで下ってしまうと、

滑落の危険が大きいです。

 

よくお話しすることなんですが、

「山の危険は高さには関係ない。」

これホントです。

 

 

まだまだ新たな発見がありそうな鋸山。

私もしばらく探索を続けようと思ってます! 

 

3月17日(土)に設定しました!

今回こちらも1名より催行します!最大5名まで。

危ないですからね(笑)

 

↓ お申込みはこちらから。

Spirit walker

 

 

 

 ★2月28日(水)★★★戌年の山登りシリーズ第一弾★★★

        雪と氷のオオカミの山、三峯山。

        滑り止めか軽アイゼン必携です。

        最小催行2名から。

 

3月4日(日)富士山大展望、石割山。軽アイゼン必携、最小催行2名から。

 

 ★3月10日(土)岩場とコンパス。小鹿野アルプス もアップしました!

ここも大きな岩を乗り越えたり、わかりにくくて非常におもしろいルートで

おススメです!(笑)滑り止めある方はお持ち下さい。

 

3月21日(水祝)青木ヶ原樹海ミステリーツアー 

 こちらはサイト募集しないので、プロフィールのところからメールを頂けましたら

 ご案内差し上げます。

 

 

山は誰とどんな風に行ったかで、

まったく印象も、体験も違ってきてしまいます。

 

 山に行きたいけど、一人で行くのはこわい。

なにをどうしていいかわからない、

という皆さんの、素晴らしい体験の手助けが出来たら嬉しいです。

 

お気軽にご質問やご連絡もお待ちしてまーす。

 

 

ではではまたまた~~~!!!